平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com 電話 07053475258(10〜17時)

日記

就職活動

もうずいぶん長い期間、就職活動をしている。ふつうにあちこち問い合わせをして、求職しているのだが、いつもマッハで断られる。一度も面接までいったことがない。理由は明白。マスクを着けないということがネック。マスクだけでなく、PCR検査もコロナワクチ…

フェイク

今の社会、あまりにもフェイクが多い。急増している印象を受ける。アメリカを筆頭に、ありとあらゆるフェイクがばらまかれている。クライシスアクターは常識、デジタル画像、動画も溢れている。フェイクニュースもまた常識。これは日本でも同じ。今のメディ…

②公園で会った人

公園で稽古していた。スワイショウと型の稽古を1回。近くにいた人が声をかける。自分のようなノーマスクの人間に声を先方からかける、というのは珍しい。見ると、顎マスク。しばらく武術の話を少しした後、ついでにコロナの話を少し。 ふだん、マイク街宣で…

③2才の子供が・・・

2才くらいの子供がマスクを着けていた。今ではもう見慣れてしまった光景だが、その中でも驚いたことがあった。ノーマスクの私を見て、視線を避ける。そればかりか、自分の着けているマスクを触り、きちんと着けられるように直している。これは、ノーマスク…

畑、海、田舎

畑に行くだけで癒される。まだまだ整備が足りないし、難しいことばかりだけど、時々思わぬ収穫が採れたりするととても嬉しくなる。全然分からないことだらけだけど、色々教えてもらいながら手伝ってもらいながら少しずつ進んでる。これからもっといろんな人…

警察に頭を蹴られた話

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA143WV0U2A410C2000000/ これは、2022年4月22日の日経新聞の記事。 https://mainichi.jp/articles/20220505/k00/00m/020/063000c 次のこれは、2022年5月5日の毎日新聞の記事。 いずれ消えるだろうが、記録保存するほ…

ウソは付くな

私のブログを読んでくれている人はむろんおられる。とても沢山おられる、とは言いがたいけれど、それでもそこそこの数がおられる。あまりその数の過多に頓着するつもりは全然なくて、いつも好き放題に書いている。元来、人様に対して忖度するという習慣の殆…

②「お、みんなノーマスクだね。」

今日は、県庁前でマスク街宣の日だ。トップバッターとしてしゃしゃり出る。いつものことだが、事情もあるので了解してもらってる。さすがにこれまで10数回させてもらっているだけに、口回りも段々滑らかになってきた。まだまだ大向こうを唸らせるほどには…

嬉しい再会

朝の稽古ができないこともある。そんなときは夕方に稽古をする。ついこの間、その夕方稽古で、とても嬉しいことがあった。2020年の2月まで、子供たちの集う放課後デイサービスという事業所で仕事をしていた。主に小学生、そして中高生が集う場所だ。殆…

個人主義

日本では個人主義という感覚はあまりないと感じている。最大公約数に如何にして間違えずに属することができるか? ということが生活を無事に続ける中で必要なこととされているように感じる。自分の意見というものを自由に言える、という環境もあまり育ってこ…

自縄自縛

日本でのマスク病はかなり重体だ。外を歩いていても、ノーマスクの人をみつけるのは難しい。公園でさえ、ほぼ全員がマスクを着けている。屋外でさえこの有様だから、屋内のスーパーや銀行、役所などでは、絶対と言ってよいほど、全員マスクとなる。 中には、…

人間は死んで終わりじゃない

少し短い文で書く・・・というには随分重い、いや人によってはアホかと言われるようなテーマなので、短い文というのでは難しいかもしれない。ある程度の長さは覚悟してほしい。 実は友人と電話していた時に、「人間は死んで終わりじゃない」ということがお互…

人間

人間とは哀しい生き物。自分を守るためには平気でウソを付く。それも道義的にありえないだろうというようなことでも平気でウソを付く。そうしなければ、自分のマインドが持たないからだ。しかし、そのウソを出来うる限り付かず、自分がそれでかなり損をする…

2類から5類・・・

岸田が4月9日に、「新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けを、2類から5類に引き下げることを検討」との初報があったとき、本当かな? という疑問を持った。2類相当とされる対応では、新型コロナウィルス感染症患者とされた方が死亡したとき、すぐに…

てぃるる

沖縄に「てぃるる」という名前の施設がある。その中に図書室もある。その図書室(図書情報室となっているが)に関するお知らせの言葉がある。以下だ。 「沖縄県男女共同参画センター「てぃるる」図書情報室は、女性の地位向上、男女共同参画社会づくりをめざ…

3回目の夏

声が届かないことは承知の上で、伝えるだけは伝えよう。全国的にかなり気温が上がっているという。いよいよ、詐欺パンデミックが始まってから3回目の夏を迎えようとする。沖縄はもう夏だと言って良い。四国九州なども、日によってはとても暑いと感じる日が…

一歳の勇者

マスクを三人とも着けていない。こんなことは本当に珍しい。20代後半? 30才前後? のお父さんと、3才くらいの女の子、そして1才前後の男の子。ここはかなり広い公園。広大な芝生があり、その周囲をガジュマルやアカギ、松、トックリヤシなどが囲んで…

前記事の補足

昨日の記録の中で、5才以上の子供たちへのコロナワクチン接種の大規模接種会場へ行ってきた話がある。もう少し補足して記録として残しておこう。 行政職員がやってきて、ずっと私に貼り付いていたことは既に書いた。この人がやっていたことは、ひたすら私を…

②人権は風前の灯火

ロシアとウクライナの紛争は完全にコロナワクチン推進のために利用されている。コロナワクチンに関する報道は非常に少なくなった。ロシア、ウクライナの報道を続けることで、コロナワクチンが子供たちに打たれ続けている現状を伝える必要がない。どんな被害…

②携帯電話ショップでのミニ活動

最近、あまりにも携帯電話の調子が悪いので、やむなく機種を変える手続をした。携帯電話のショップに行かないといけない。少し憂鬱な気持ちになる。当然、店舗のスタッフとやりとりしないといけない。さらに当然、皆マスクを着けている。もうあまりマスクを…

自分がやりたいこと

この記事ではいくつかの情報を羅列してみる。 https://note.com/nakamuraclinic/n/n2a328541cde0 https://twitter.com/Ange0111Les/status/1503357266590072835?cxt=HBwWhoDU2YDe_9wpAAAA&cn=ZmxleGlibGVfcmVjcw%3D%3D&refsrc=email http://www.asyura2.com/…

嘉数高台展望台でミニ活動

嘉数高台展望台の下が様々な慰霊塔の設置場所になっている。少し空間場所もあるので、そこで太極拳教室が行われてたりする。私も時々、一人稽古で使わせてもらうことがある。たまには展望台の3階部分に上がって、日の出を見ながら、絶景を観ながら稽古する…

②ソフトな対話形式

貴重な体験をさせていただいた。この所、詐欺コロナの実態を伝える街宣活動、及びビラ配りをさせていただいているが、今回はある方の発案、及び、素晴らしい音響体制の構築を準備いただき、2人での対話形式での提示をする、ということになった。今日、初め…

リラックス

最近、コロナの問題について、数多くの記事を書いているが、こればかりでは煮詰まってくる。深刻な問題が多すぎ、すべてについて考えたり、方法論で悩んだりしていると、ニッチモサッチモ君になってくる。別段、眉間にシワがいくことはないが、それに近いく…

②ノーマスク社会では当たり前だったこと・・・

すっかりマスク社会になってしまってから全く出来なくなってしまったことがある。公園などで子供たちや子供連れの親子と出会ったときに、気軽に話しかける、ということが出来なくなった。挨拶すら殆どしない。マスク越しに挨拶を交わすという感覚にはなれな…

政府は子供たちを殺しにかかってる

文部科学省の大臣というのがいる。名前なんか覚えてない。覚える気もない。ただの詐欺師だから。いや、大臣だけじゃなく、官僚も役人もそう。基本的に詐欺師の片棒担ぎ。中には苦しんでいる人もいる。何もかも真実を知っている、何とかしたい、子供たちを助…

大人がマスクを外さないと子供はマスクを外せない

一昨年、2020年の3月頃に、マスクの嘘と有害性に気づいて以来、マスクを着けていない。3月頃から9月頃まで大阪でアルバイトをしていたので、その時、仕事の現場では着けざるを得なかったので着けていた。介護の仕事だったので着けなければいけない、…

国民投票法について調べる

日本の国民投票法について、よく考えてみると・・・あまり内容をきちんと調べてなかった・・・ やっぱり自分できちんと調べないといけない。気になるのは、最低投票率と投票前の宣伝活動についてのポイント。法律そのものを全部読めばいいのだけど、はっきり…

世界同日デモ参加

何でも生まれて初めて、というのは貴重なものだ。本日、反コロナのための世界同日デモに参加した。スピーチまでさせてもらった。とても勉強になった。いろんな方々の熱い想い、準備の大変さ、芸達者な人たちのすごい芸、そして、何より、子供たちのすばらし…

②朝稽古で体験したちょっと渋い出来事 とても癒されたというお話

運動公園のグランドで真っ暗な内から朝稽古をしていた。私以外は殆どマスク姿。屋外なのにマスク姿だ。ウォーキングしている人もジョギングしている人もマスク。中には二重にマスクを着けている人もいる。本当にため息が出る。ときどき、アナウンスが響き、…