平山榮逸記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com ツイッター フェイスブックは使いません

2001年宇宙の旅  私の精神安定剤

久しぶりに観ました。もう20回以上は観てます。「2001年宇宙の旅」

 

私はこの映画をロードショー公開で最初に観ています。もともとSF小説が好きで、ちょこちょこつまみ食いするように読んでました。この映画も、宇宙物の何かしら面白い映画なんだろうな、くらいの感覚で見に行きました。高校生、う〜ん、低学年くらいだったかな? もうその辺は記憶が曖昧です。まぁ私の年齢紹介になる情報ではありますね。

 

のっけから、驚愕させられました。ネタバレはしませんので、ご安心を。そんなヤボなヤカラじゃあござんせん。冒頭部分、恐らくこれまでの映画史で絶対無かったんじゃないか、という始まりでした。またラスト部分でも同様、これ、何でんねん? という終わり方。いや、映画のリアル内容に関連することじゃないですよ。ただし、何かしら、人間の運命を暗示するような工夫なんだろな、と今では分かります。

 

ともあれ、ワクワクする気持ちで始まった・・・はずの映画なのに、始まりから余計な心配事ができてしまう、という離れ業。キューブリックっていうのは、一体全体どうしたらこんなこと考えつくのん? 脳みそ見てみたいわ、と思わされました。

 

多くの観た人達がよく言われる映画評、一体これ何やねん、さっぱりチンプンカンプンやぞ、結末の終わり方、あれもジェンジェンわからん、ええかげんにして欲しいわ・・・気持ちは分かります。でも、難解な映画だとしても、映像美は掛け値無く素晴らしい。これほど美しい画面を構成することに成功している映画、他に知りません。

 

すべての映像が本当に美しいのです。そして、音楽とのマッチング。クラシックの古典とも言える名曲を二つも効果的に取り入れています。

 

内容は・・・ これは、もうご自分で観た上でお考えになるしかありません。個人個人で考え、個人個人で理解し意味を考える、推察する、想像する、決定する、いや決定なんて出来ないですね。ともかく人間の有り様として、人間の命、人間の運命、人生の意味、どこから来てどこへ行くのかという未来永劫知り得ない命題。哲学的な作品であることだけは確かですね。

 

久しぶりにレンタルビデオで観たこの映画、何と、「午前十時の映画祭」でこの7月に上映されるとのこと! たまたま調べてみたらヒットしました! もう絶対、ぜーったい観に行きます。時期をずらして、2週間と2週間、公開期間をセットされてます。逆立ちしてでも行けますよ、これ。史上空前と言って良いくらいの映像美、これはスクリーンで観るしかありません。スクリーンで観たのは、ロードショー公開で観たたった1回、その他はすべてパソコン画面でしか観てません。ナンギなこっちゃ。

 

今のムチャクチャな社会で、この映画をじっくり観る、しかもスクリーンでがっつり観るって、かなり意味ある行為だと思いますね。まず、ワクチンを絶対打たないで観るということが大事。もう打ってしまった方に言ってもどうしようもありませんが。

 

緊急ナンタラで映画館閉鎖なんてやったら承知せんぞ!

 

そうだ、ワクチン打つと、映画鑑賞すら出来なくなる、これって最悪ですね。皆さん、ワクチンは絶対打たないようにしましょう。好きな映画すら観に行けなくなります。体調不良で映画を観る気にもなれなくなります。

 

今日はワクチンやら詐欺ウィルスの話、やめときましょう。

 

この映画、本当に一度は観る価値あります。何にもわからんかった、でも構いません。さいわい、「午前十時の映画祭」で日本中の映画館で観ることができます。すごくラッキーですね。私が観た映画の中でも、一押し、ベスト5には確実に入ります。だから20回以上観てるんですよね。

 

自分の精神安定剤みたいなものになってます。

 

とりあえず、映画のカテゴリーを増やそうと思ってアップ記事を書きましたが、けっこうめちゃくちゃな映画紹介になりました。それほどにこの映画、カオスがテーマの一つと言ってよい、と思います。(おっ うまいまとめ、自画自賛

 

皆さん、とりあえず、「午前十時の映画祭」をチェックしましょう!

これからはワクチン接種で新型コロナウィルスが増える 2

そもそも、国家という組織体が国民を市民を守るはずがありません。多くの人が勘違いしていますが、国家というものは一般市民を弾圧し、搾取する可能性を大きく持つ組織体に過ぎません。直近の日本の歴史においても、国家は、市民を弾圧し戦争の方向へ誘いました。そして、戦争が土壇場になっても尚、敗戦を認めず、突っ走ることとなり、原爆を2発も落とされるというジェノサイドを市民に体験させることとなりました。

 

その記憶がまだまだ生々しい間に、またもや国家の歪曲と虚偽のために、日本という「国家」は多くの人々を死に追いやろうとしています。残念ながら、日本という国は一般的な国家の体裁を為していません。外部勢力、及び少数の投資家グループの指示に従って動く操り人形に過ぎません。その現実はもちろん多くの国民市民から隠蔽されています。

 

今回の新型コロナウィルスワクチン接種に関して、少し考えてみれば分かります。誰か1人でも、この「新型コロナウィルスワクチン」とされるものの内容物紹介を受けた人がいるでしょうか? 一体何が入っていて、何がどう作用するのか説明を受けた人がいるでしょうか? 私の記憶では一度もそういったことは行われていない、何の説明も為されていない、というリアルがあるだけです。

 

そのような状況で、曖昧な説明のまま、例えば、地球上のすべてがワクチン接種をすればこのパンデミックは収まる、とか、このワクチンこそがパンデミック解決の手段だ、とかの、丸で決意表明でしかないような曖昧なレトリックしかものされてません。

 

そのような状況の中で、命をかけてまでワクチン接種する道理がありますか? 私にはそのような道理は全く無いとしか言えません。

 

それが、多くの洗脳と虚偽の説明のもとに、ワクチンの奪い合いまでが日本のあちこちで起きるような状況になってきています。

 

落ちついて考えてみて下さい。そして、一つでも自分の力で自分の頭で、今回の騒動のキーポイントについて調べてみてください。

 

マスクは本当に感染症予防に役立つのだろうか? マスクによって起きる有害性というのはないのだろうか? ほんの少し調べるだけで、マスクには全く感染症予防をする効果がなく、マスク装着によって起きる有害性は計り知れないものがある、というシンプルな結論に至ることになります。

 

また、PCR検査というのはどういうものなのか、についても調べてください。今ではPCR検査こそが、新型コロナウィルスを検出する唯一の手段だとされていますが、本当にそうでしょうか? ほんの少し調べれば、PCR検査は、特定の感染症検査には使えない、詐欺検査と結果的になってしまっている、という現実が分かります。

 

では新型コロナウィルスワクチンはどうなのか? まず、「新型コロナウィルス」というものの存在証明について調べてみて下さい。世界中で、新型コロナウィルスの存在は証明されていません。日本というエセ国家もそれを認めています。その文書も存在します。むろんメディアは報道しません。存在もしないウィルスのために、どんなワクチンが作られるというのでしょうか? ワクチンでないのは明白です。人間の身体を害するが為の猛毒でしかありません。前掲の動画によって、ドイツでは多くの死者と後遺症の患者、さらに多くのコロナ感染者(PCR陽性の症状の無い「患者」ではなく、症状のある感染者)も大量に発生しています。新型コロナウィルスワクチンを打つと、逆に多くの人が死に、後遺症が頻発し、かつ(症状のある)コロナ患者も激増するのです。こんなバカなことが起きているのに、まだ多くの人が気づこうとしていません。それどころか新聞テレビ、国、自治体の洗脳、誘導に従って、新型コロナウィルスワクチンを皆で奪い合うような流れになっています。

 

何もかもがウソなのです。大きなウソほど欺されやすい。これは歴史で繰り返されてきた反語的リアルです。小さなウソはすぐばれますが、大きなウソは中々ばれません。また同調圧力により、無意味に強化されていきます。一体誰が反対の声を上げましたか? 第二次大戦中、竹槍で鬼畜米英の攻撃を撃退するのだという馬鹿馬鹿しい妄想に対して、具体的に抗議の声を上げた人が、一体どれだけいましたか? 声を上げた者は非国民にされました。今ではマスクをしない者が非国民扱いです。マスクは竹槍と同じです。

 

新型コロナウィルスワクチン接種により、結果的に大幅に本物の「新型コロナウィルス感染者」が増えることとなります。これまでの馬鹿馬鹿しい、身体を痛めるだけでしかない「対策」によって多くの人々の健康は損なわれ、免疫力も低下しています。常時マスク装着、引きこもり強要によるビタミンDの不足、当然の免疫力低下、などにより、タダの風邪にかかることで重症化することになる。それみろ、コロナを軽くみたからだ、となり、さらにワクチンをもっと打て、という流れにすり替えられます。

 

よく考え、気づいていくことが重要です。高齢者こそが気づき、次なる世代の若者、子供たちの未来と命を守る方向を見据えないと社会の未来も閉ざされます。

 

それでいいでしょうか? 本当にこのままでいいでしょうか?

 

*記事の後に出るこれまでのすべての自動広告に関して、私は全く関与してません。

これからはワクチン接種で新型コロナウィルスが増える 1

ワクチン接種が始まってから、新型コロナウィルス感染が増えた、と思われませんか? 既に多くの分析者(医師、ワクチン研究者など)によって、新型コロナウィルスワクチンと呼ばれるものにより、コロナ感染が増えていることは明らかになっています。

 

今まではPCR検査という詐欺検査によって、新型コロナウィルス感染者が創り出されてきました。東京や大阪、いやすべての自治体において、PCR検査を大量に行ったことで新型コロナウィルス感染者が創り出されてきました。何故ならPCR検査陽性をすべて感染者ということにしてきたからです。PCR検査陽性は、新型コロナウィルス感染を全く意味しません。PCR検査は遺伝子増幅を数十兆倍にまで増幅するものであり、特定の感染症を検査できるものではありません。開発者のキャリー・マリス自身もそう言っており、何故か、この騒動が起きる直前に{1人で肺炎で急死しました。}彼が生きていれば、この検査で感染症検査に使うな、というアナウンスをすることになるからでしょう。医療マフィア及びこの騒動の企画者の勢力は絶大です。

 

前掲の動画で見て分かる通り、このワクチン接種のため、死者や重篤な副作用の大量発生もまた明らかです。ところが、メディアも政府もそれを認めませんしアナウンスもしません。

 

また後ほど、この続きを書きます。

 

*記事の後に出るこれまでのすべての自動広告に関して、私は全く関与してません。

 

 

この動画を観て何かを感じなければ・・・ ドイツとヨーロッパのワクチン悲劇

新型コロナウィルスワクチンとされるものの危険性については、数多くのシチュエーションで発信し続けてきました。直接会って、ブログで、facebookで、電話で・・・それぞれにほぼ挫折しました。鉄壁の防御というのはこういうことをいうのかな、と思う機会が数限りなく増え続けました。何をどう言っても伝わりません。

 

新聞テレビ、国、自治体、エライさん(いわゆる権威バリバリの「専門家」)等からの発信でない、たかがペーペーの1市民に過ぎない私からの情報なんて、まぁ鼻くそ以下なのでしょう。いや失礼。

 

ところがどっこい、一寸の虫にも五分の魂とはよく言ったもので、たかが私如きでも、ダイヤモンドの如き情報をお伝えすることもあります。そんなこと実は当たり前。どんな人間にも、相手にうむを言わせぬ説得力を以てリアルを伝える、ということは日常茶飯事の如く、世界中で発生し続けてます。そんなこと人間の常識。皆、たかが人間なのですから。

 

前振りはこの位にして、新型コロナウィルスワクチンという猛毒についての情報発信動画です。これは是非多くの方々に発信拡散をしていただければ、と思っています。今確実に、ジェノサイドが進行しているのですが、殆どの人達が気づいていません。それどころか、皆で競ってレミングの行進を続けています。なぜすぐに打てないのか、という怒鳴り声が日本中のあちこちで聞こえてます。「新型コロナウィルスワクチン」という猛毒を、なぜすぐに打たせないのだ、どうなってるのか、という声を多くの「高齢者」というくくりの中にある人達が、上げてます。

 

本当になぜそんなに死に急ぐのか、と伝えたいのですが、聞く耳はありません。もう既に声が届かない所におられるようです。是非その人達にもこの動画をみせてあげてください。ひょっとすると、うん? これは何かおかしいのか? おかしいかも、と気づいてくれるかもしれません。

 

ドイツからの発信です。ドイツに住むめい子さんという方が翻訳してくれました。

 

ドイツとヨーロッパのワクチン悲劇 

https://rumble.com/vgu5u1-germany-and-eu.html

 

*記事の後に出るこれまでのすべての自動広告に関して、私は全く関与してません。

 

 

ウルトラマンになって空中を飛んだ話

子供たちと関わる仕事をしていました。小学校や中学校、高校に通っている児童、生徒たちの付き添いケアをする仕事です。学校から通ってきた子供たちの宿題を観たり、ちょっとした学習指導をしたり、そしてまた一緒に駆け回って遊んだり、というような流れです。

 

子供たちと寄り添い、様々に活動を共にするというのはとても楽しい仕事です。仕事というより楽しみの部分も大きいものがありました。とは言え、安全管理という面においては充分気をつけなければなりません。子供たちがケガをしないように見守る、気をつけるというのも当然の責務です。特に外出した時は、移動の際の車の運転、及び遊んでいるときのケガなどにとても気をつけなければなりません。

 

2年と半年ほど前のことです。子供たちと一緒に大きな公園に遊びに行きました。たくさんの遊具がある公園で、文字通り隅から隅まで思い切り走り回って楽しそうに遊びました。ところがその遊びの中で、一人の児童がケガをしてしまいました。遊具の上で転び、たまたま遊具の上に落ちていた尖った小石で、足の脛をかなり深く切ってしまったのです。出血はそれほど大したことなかったのですが、傷口がかなり深く、大変痛そうでした。痛みのため歩けない様子。

 

そこで、私が抱きかかえ、車を置いてある駐車場までその子供を連れていくことになりました。長い園内通路があり、そろそろ歩いて行きます。他の児童やスタッフも一緒に歩いてます。そこへ突然・・・

 

もう一人の児童が猛スピードで私の後ろから私の足下に突っ込んできたのです。ダラダラ坂の下り道です。ふざけながら私達があるいている所に走ってきたものの、止まることができず、子供を抱いて歩いている私に後ろからぶつかったワケです。

 

小学生といっても、25キロくらいの体重があります。抱いている児童も走ってきてぶつかった児童も25キロくらいの体重だと思われます。私が抱き抱えている児童については、私の左手で児童の首の後ろを、私の右手で両膝裏を下から支えもっているに過ぎません。そこへ、同じく25キロくらいの子供が突進しながら後ろからぶつかってきた訳です。

 

25キロの重量を持ち、25キロの固まりが後ろから勢いをつけてぶつかってくる・・・さすがに私の平衡バランスはあっさり崩れます。とっさに思いました。

 

あ、こりゃ危ない、倒れてしまう、え、でもオレは子供を前に抱いている、倒れて自分の手を使って自分の肘や膝を守る訳にいかない、前に抱いている子供を放り出す訳にいかない、どうすりゃいいんだ? もう身体は前のめりに崩れていってる、でも子供を手放せない・・・ええい、どうしようもない、とりあえず、前に抱いている子供を抱いたまま前に倒れて、自分の両肘と両膝で前方に着地するしかないぞ・・・

 

人間って、とっさにせよ、いろんなことを考えるものです。丸でスローモーションのように感じました。

 

結果的に、丸でウルトラマンの空中飛翔のように飛びました。両腕を前に伸ばしながら(子供を支えながら前に出すという形、道路のコンクリート面に両肘がぶつかる)、かつ、バランスの崩れた下半身は両膝の膝頭を、やはり道路のコンクリート面にぶつけながら、両肘両膝の4点着地、というより4点激突と相成りました。

 

すぐに抱いていた子供の様子を観ましたが、ほんの少し、確か左手の二の腕あたりを路面でかすった程度で済んだようです。私は両肘両膝の打撲。かなり強い打撲でした。左肘はけっこう出血してました。ジャージには穴があいてました。路面でこすれてしまったのでしょう。むろん、左肘以外の右肘、両膝もけっこうな擦り傷。

 

とりあえず、抱いていた子供も、後ろからぶつかった子供も、このトラブルでの大怪我はありませんでした。抱いていた子供の遊具でのケガも、その後、ほどなく全治しました。

 

私のケガは中々しつこく、特に左肘はゴルフボールくらいに腫れ上がり数ヶ月痛むことになります。仕方なく整骨院に行った所、これは治りにくいケガ、日にち薬しかないと言われました。言われた通り2年ほどたってほぼ全治という経過でした。

 

でも、嬉しいことがありました。一緒に歩いていた少し上級生の児童が様子を観ていたらしく、翌日、ふと思い出したように、

 

「センセイ(別に学校の先生ではありませんが、スタッフはそう呼ばれてましたね)はえらいよ、○○ギを離さなかったから」

 

子供を抱いたまま倒れたときに、その子供を手放さなかったということを褒めてくれたのです。う〜む、子供ってよく見ているもんだなぁ、と痛感しました。

 

「え? そんなこと言ってくれるのん? 嬉しいなぁ。ええとこあるやんけ、ありがとありがと」と言って感謝しましたね。その子もなんか照れくさそうに笑ってました。○○キ、ありがとね。

 

また久しぶりにこの仕事場に遊びに行ってみようと思います。皆どれだけ大きくなったかなぁ。

 

*記事の後に出るこれまでのすべての自動広告に関して、私は全く関与してません。

インドの市民もロックダウンに対して立ち上がった

本日の二つ目

 

さて、このツイッター情報は掲載できるだろうか?

 

インドでも市民たちが立ち上がっている。日本で市民が立ち上がるのは一体いつだろうか? 未だに洗脳に負け、政府や自治体、新聞テレビを信用し続けていると、しまいに根こそぎやられてしまう。ワクチンもマスクも強制となるだろう。その頃には、社会の隅々までペンペン草も生えないほどに、稼業も事業も命も安全も未来もペッコペコに壊されている。それでいいのか? 本当にそれでいいのか?

 

それでいいのか? 本当にそれでいいのか? このフレーズ、黒澤明の「生きる」で聞いたフレーズだ。やっぱりこういう記憶って残るもんだな。

 

https://twitter.com/You3_JP/status/1391093603699625985?cn=ZmxleGlibGVfcmVjcw%3D%3D&refsrc=email

 

*記事の後に出るこれまでのすべての自動広告に関して、私は全く関与してません。

新型コロナウィルス感染症数のウソ

今回はかなり重い発信となります。

 

あちこちの自治体で新型コロナウィルス感染症数の数字が出ています。何十人、何百人が感染した、あるいは千人以上が感染した・・・ 全国で何千人と感染した。毎日毎日延々とその数字が紹介されます。

 

が、これは全部ウソだということを知っている人がどれほどおられるでしょうか? おそらく私がこういうことを言っても、殆ど誰も信じないとは思いますが、少し書いてみます。

 

今ではPCR検査で陽性反応が出ると、これがすべて新型コロナウィルス感染とされます。東京や大阪、またその他の自治体のコロナ対策本部とかいうような部署に確認しました。すべて、PCR検査陽性で、新型コロナウィルス感染とされています。

 

しかし、PCR検査は特定の感染症検査には使えないものです。この事実が全くアナウンスされません。元々、新型コロナウィルスの存在証明も世界中で全くされてません。PCR検査で遺伝子情報を特定して検査根拠にしている、というのもありえません。全く不十分な情報で、コンピューターシミュレーションにより、ごく短期間に創り出した遺伝子配列でしかありません、しかも300分の1のデータ。30センチものさしで言えば、1ミリの長さでしかない。これがひっかかったら陽性としている。さらに、PCR検査はあらゆるものに反応し、あらゆるものにより陽性反応が出てしまう。A型B型インフルエンザにも、マイコプラズマ肺炎にも、クラミジア(性病)にも、さらにヤギ、ウズラ、パパイヤにも(なぜか急に肺炎で急死したタンザニア大統領マグフリさんが調べました)、さらに、ただの水にもただの綿棒にも排水の水にも、本当に何にでも反応し陽性反応が出る、ということが既に知られてます。

 

そういったものを世界中で新型コロナウィルスを検出する唯一の方法だとして、詐欺を続けています。検査詐欺を積み重ねて恐怖を煽り、さらに全く治療効果も感染防止効果もないワクチンを全世界中の人達に接種し続けています。それによる死者数や重篤な副作用患者の数は恐ろしいほどの数が出ていますが、これもすべて主流メデイアは情報の露出を隠蔽しています。フリーのジャーナリストや一部の医師などによって情報の拡散はありますが、主流メディアでは全く出てきません。

 

そういう状況は世界中で続いています。

 

私が個人でこういった発言をしても、全く誰も耳を傾けることはありません。

 

では、なぜ、こういった副作用被害例が後を絶たないのでしょうか? なぜ、こういった被害例の紹介が世界中の主流の新聞やテレビで報道されないのでしょうか? 以下に被害例をまとめた方のブログ発信があります。紹介します。あまりにも重篤な皮膚障がい事例なので、心臓の弱い人やショックに敏感な人は観ない方がよいかもしれません。勇気をもって観ることの出来る人、ショックに耐える自信のある方のみご覧下さい。その後で、もう少し文を連ねます。

 

よくこういった情報は突然消されたりします。ご覧になれたら良いですが。かなり多くの情報があります。

 

https://prettyworld.muragon.com/

 

あまり怖い情報を聞いたり観るのはいやだ、こういったものを見せないでほしい、もっと楽しいことばかりで生きていきたい、そういう人も多いかと思います。でも、そんな姿勢を続けることで何か良いことがあるでしょうか? 大切な自分たちの子供の未来を保証することが出来るでしょうか? 幸せな未来と命を守ることが出来るでしょうか?

 

おそらく、かなり難しいと思います。今起きていることは、完全なジェノサイドであり、意図的に仕組まれた大がかりな詐欺でしかありません。その詐欺に対して、国も自治体もメディアも荷担しているという現実があります。すべての者がその現実を理解して荷担しているのではなく、分からずに荷担している者もいるでしょう。自治体の長や国会議員にしても、分かっている者もいれば丸で無知な者もいるはずです。しかし、結果的に、人類の未来について、キャタストローフと言ってよい結末が色濃くあり得る状況に、荷担しています。現在起きているコロナに関するすべての事象が、詐欺と虚偽に基づくものであることは、徹底的に隠蔽されています。

 

世界では、主流メディアでは全く報じられませんが、多くの弁護士や医師たちが覚醒し、人類の未来を救うべく立ち上がっている人達もいます。一部の日本の医師も発信しています。(日本の弁護士は何をしてるのだろう?)以下のブログでまとめた方がいます。

 

https://note.com/rojikku18/n/ncbfafefaf3ea

 

(この情報の中のトランプ礼賛については、私は疑義を持っています)

 

決して避けず、現実の理解を是非深めていただきたいと思います。

 

*記事の後に出るこれまでのすべての自動広告に関して、私は全く関与してません。