平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com 電話 07053475258(10〜17時)

谷本誠一氏への批判

呉市市会議員、谷本誠一氏はコロナ禍とされる騒動について、熱心にその欺瞞性、詐欺について発信を続けておられる。マスクの無意味さ有害性にも適正に指摘されている。コロナワクチンの問題についての熱心な発信を続けておられる。多くの人が信頼を寄せ、その活躍を支持されている。私も同様の立場だったが、谷本氏の市議会での発信の中で、驚くべき史実の歪曲を発信されているのを知り、愕然とする想いを味わうこととなった。残念ながら、コロナ禍の不実と詐欺性について積極的に活動されている方々の中に、何故か歴史の史実に関する歪曲を為す人たちを再々観ることがある。谷本氏もそのお一人であったことは残念だ。

 

コロナ問題に対するご活動に鑑み、あまり厳しい批判はしないでおこうかとも思ったが、結局全くご自身の歴史史実歪曲の姿勢を改めようとされない姿勢に失望した。なので、私と谷本氏との発信やりとりの記録も提示しようと決めた。その前に、問題となる文章をまず提示する。これは、谷本氏の市議会での発信記録の一部。同氏のfacebook

記録2022年3月31日で記録された動画発信記録の書き起こし一部だ。以下。

 

=======================

第二次世界大戦のときも、ニッポンが欧米列強からアジアを解放するために立ち上がったことを、東アジアや東南アジアを侵略したとのプロパガンダが流布され、侵略国家とのレッテルを貼られたことは記憶に新しいと思います。当時は日本兵が現地住民に歓迎され、日本軍によるインフラ整備や教育が行われ、現地復興に多大な貢献をしたことは、我が国の歴史教科書では隠蔽しています。現地住民は日本兵を歓迎したとの証言は多々あるのです。いわゆる占領下の我が国において、自虐史観を一方的に植え付ける教育を、GHQの指導の下、徹底的に行ったのです。

=======================

 

(管理人)同動画発信記録の書き起こし全部は以下。pdf資料で残そうとしたが、うまくいかず、やむなく全文を記録として残す。以下。

 

=======================

谷本誠一 市議会発言

 

私は自然共生党として、ロシア連邦のウクライナ侵攻に対して、平和的解決を求める決議に対し、反対の立場で討論致します。

 

まず報道されている内容は、ウクライナにロシアが一方的に軍事侵攻したとして、国連憲章違反であると非難していることです。ウクライナはソ連崩壊後も、ロシア系住民を多く抱え、文化的にも交流が深く経済的にもロシアからも多大な支援を受けてきました。一方2014年のミンスク議定書以降、欧米によるNATO軍とロシア軍の不可侵が、一見守られてきたように見えました。実はその間、ウクライナ政府により、東ウクライナのロシア系住民、14000人が弾圧を受けたり、虐殺されたことは一切報じられていません。このことでロシアや独などに、亡命者も多く出ています。そればかりかウクライナ政府に欧米諸国が援助することで急接近し、当時のポロシェンコ大統領による親欧米政権は国内にNATO軍の軍事施設を築造させてきました。これはロシアから見れば、正に軍事的脅威であり、核ミサイルも、これまで約5分でモスクワに到達するシミュレーションが、ウクライナがNATOに加盟することで、約1分に短縮されます。NATOに加盟していない段階で、軍事施設を、国内に作らせること自体が、ミンスク議定書違反と言えましょう。ロシアが一方的に議定書を破棄して、ウクライナ侵攻に踏み切ったとしていますが、これは逆だと言えなくもありません。巨大な国際資本がメディアに投下されていますから、それに操られたプロパガンダに世界中が洗脳されている可能性は捨てきれません。

 

第二次世界大戦のときも、ニッポンが欧米列強からアジアを解放するために立ち上がったことを、東アジアや東南アジアを侵略したとのプロパガンダが流布され、侵略国家とのレッテルを貼られたことは記憶に新しいと思います。当時は日本兵が現地住民に歓迎され、日本軍によるインフラ整備や教育が行われ、現地復興に多大な貢献をしたことは、我が国の歴史教科書では隠蔽しています。現地住民は日本兵を歓迎したとの証言は多々あるのです。いわゆる占領下の我が国において、自虐史観を一方的に植え付ける教育を、GHQの指導の下、徹底的に行ったのです。これと同様なことが、ウクライナとロシアとの関係において、そっくり真逆の情報として提供されているのです。明治維新の際も、坂本龍馬はロスチャイルド系のグラバーから大量の武器を調達しましたし、幕府側にも、武器が売られていました。つまり国際金融資本すなわち戦争屋による仕掛けと金儲けは昔から継続されて、今日に至っています。

 

ロシアが攻撃したのはあくまでもNATO軍施設です。民間人が殺されたとの報道は、ウクライナ政府がウクライナ市民を虐殺したのであって、それをロシア軍が罪の無い住民を虐殺したとの、意図的に誤った報道を流していると聞きます。現地の人々は虐げられていたウクライナ政府からロシア軍により解放されたとまで喜んでいるとの情報が届いています。一方2014年4月4日、当時のハン・キムン国連事務総長が、ウクライナは、1991年12月25日以降、国境登録申請をしていないため、ウクライナという国家は存在しないとの衝撃発言を行っていました。つまり国連はウクライナの国境を主権国家として登録していないことになります。しかしこれは、一切報道されていませんので、皆知らない訳です。当時、このことに関するインターネット配信が禁止されたといいます。従って、ロシアはウクライナに関して、いかなる権利侵害も冒していないと考えることが出来ます。CIS条約によりますと、ウクライナの領土は単なる行政区域ということになり、かつてのソビエト連邦に帰属していたウクライナの国境がロシア連邦によって分離主義やウクライナの国境を無理矢理変更しても、誰も責めることはできないのです。即ち国際法上、この国には、公式に認められた国境が無い、無いだけなのです。ですから、ロシアが一方的に軍事侵攻したという報道は、公平性に欠けており、あくまでも欧米に利するようにする意図が働いたと言っても、過言ではないでしょう。また我が国を含む欧米が、協調路線で経済的制裁を科すとしています。またEUはパイプラインを通じてロシアから天然ガスの供給を大量に受けており、自らの首を絞めることになりかねません。実際原油が高騰しており、ガソリンや灯油の価格が上昇し、私たちの家計にも直接響いているのです。我が国も対岸の火事では済まされません。今一度立ち止まって、過去の歴史に基づき、国際情勢の現状分析を冷静に行う必要があると考えます。以上の理由から本決議に対し、反対を表明するものであります。

=======================

 

(管理人)

残念ながら、谷本氏の認識は、歴史認識において、あまりにも史実に対する理解が乏しいと言わざるを得ない。本当に残念に思っている。ひょっとして谷本氏はほとんどまともに歴史資料に当たるという作業をしておられないのではないか、と推察している。ごく基本的な情報すら把握できていない、そう指摘せざるを得ない文言が続いている。歴史修正主義という歪んだ発想に取り憑かれているのではないだろうか? あるいは、このような認識を、現在の日本における相当数の人たちが同様に受け入れ、谷本氏の発言に違和感を抱くことがない、という状況も存在するのだろうか? 

 

この谷本氏の発信のどこがおかしい? まともなことを発言しているしか思えない・・・そう認識する方々が非常に多くなっているとすると、既に今の日本では、関東大震災で起きた朝鮮人大虐殺が再現されかねない下地が再形成されつつある、と判断しておくべきなのかもしれない。残念ながらそう思わざるを得ないほどに、現在の日本において、歴史認識の歪曲と捏造が大規模で行われていると指摘せざるを得ない。

 

しかし、黙っていてはいけない。谷本氏のコロナ問題への貢献は理解できるが、やはり見過ごしてはいけない、と感じるようになった。もうこちらからの質問にきちんと応えようという感覚を持っておられないことが明白となった。質問にはもう無視で対応されている。私と谷本氏との発信記録やりとりを記録として残しておく。最後の私の質問以後、谷本氏は、私へ返信されようとしない。不誠実ではないだろうか? 同氏へ再度依頼する。発信やりとりの記録での一番最後の私からの質問に対して、誠実に回答をなされることを希望する。以下、私、申榮逸と谷本誠一氏との発信記録やりとりを記録として残す。なお申榮逸とは私の韓国名、facebookでは申榮逸の表記、ブログでは 平山栄一の表記となっている。理由は説明が煩雑なので今回は省略する。

 

=======================

申榮逸と谷本誠一氏との発信やりとり記録

 

(申榮逸から谷本氏への発信)

谷本誠一様

 

 2022331日の貴下facebookの記録によれば、202234日の市議会での発言で、第二次大戦での日本の東アジアへの侵略戦争を否定され、むしろ、東アジアの現地住民は日本兵を歓迎した例が多々あると言われています。驚いています。私は在日韓国人であり、丁度30年前に、従軍慰安婦の被害者当事者が被害について初めて証言されたことを直接聞いています。亡父からも、日本の侵略のため、朝鮮での生活が過酷であり、意味も無く日本軍人に路で殴り倒されたり、ライフルを突きつけられ理由無く殺されそうになった、との体験を重ねています。さらに、南京大虐殺についても、アイリス·チャンの「ザ·レイプ·オブ·南京」を読み、さらにアメリカや中国、マレーシア、オランダからの発信を知り、史実だと受け止めています。谷本さんはコロナ詐欺の問題に関して素晴らしいご活躍をされていますが、この件に関しては誠に残念に感じています。谷本さんのお考えをまず頂きたいと思います。宜しくお願いします。

 

2022411日 申榮逸

 

 

(谷本氏から申榮逸への発信)

ご質問、ありがとうございます。

局部的な個々の問題については、いろいろあろうかと存じ上げます。

総じて、我が国の戦後教育はGHQにより自虐史観をインプットされたということです。巣鴨刑務所から出所された日本の大物も、CIAのスパイとして解放されました。

現在の国家の上を牛耳る闇の勢力に支配されている構図があります。その全体の構図を見極めることが大切と考えております。

各々が誰の著作を読み、それを信じるか否か、何を史実と受け止めるかは思想の自由がありますので、私にはそれ以上、言及できません。

宜しくお願い申し上げます。

 

呉市議会議員 谷本誠一 2022  4  12

 

 

(申榮逸から谷本氏への発信)

前略

 

残念ながら、谷本さんのこの度の発信には失望せざるを得ません。

 

局部的な個々の問題については、いろいろあろうかと? 戦後教育はGHQに自虐史観をインプットされた? 巣鴨刑務所から出所された日本の大物もCIAのスパイとして解放された?

一体何を言っておられるのでしょうか? ますます驚くばかりです。

 

もっと具体的にお聞きします。その前に一点指摘させていただきます。自虐史観という言葉は、日本の歴史における反省を持たない、持てない人たちがひねり出した卑劣な造語に過ぎません。市民を啓蒙すべき立場の市会議員が使うべき言葉ではありません。近年、日本は歴史を正確に受け止め、反省すべきを反省するという正道にありません。むしろ開き直り、殆どの史実にまともに対峙しようとしません。猛省されることをお奨めします。

 

さて、よく言われることですが、自虐史観という「概念」の中では、朝鮮人大虐殺も従軍慰安婦も南京大虐殺も、昨今、丸で無かったかのように言われることが多々あります。谷本さんも、同様に、このような史実はそれほど大袈裟な物ではない、あるいはほぼ無かった、というように受け止められているのですか?

 

最も驚いたことは、東アジアの現地住民が日本軍を歓迎した例が多々あると発言されていることです。それはどこでどのように事例として報告されているのですか? 私は寡聞にして知りません。まさか、南京大虐殺の後で日本軍が演出したフェイク画像、動画を見てそう受け止めておられるのですか? 

 

「局部的な個々の問題」について分かり易い資料を紹介します。

追悼! 水木しげるが描いていたラバウルの戦争体験と慰安婦80人の兵隊を相手に...あれはやっぱり地獄だ」

https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_1737/

 

朝鮮ピー、縄ピーのことについて証言されてます。こういった証言は山ほどあります。私自身、さまざまな資料を蓄積してあります。残念ながら多くの戦争体験者は亡くなられており、それに伴って歴史改竄が度々行われるようになったと考えています。

 

私は大阪から沖縄に移住して11年になります。沖縄にも従軍慰安婦として被害を被られた方々が多数おられました。さらに、中学生ほどの子供が徴兵され、手榴弾を持たされて戦車に特攻を強制された事実もあります。沖縄の方々が戦火を避けて壕に避難したとき、赤ちゃんの泣き声を日本軍人に咎められ、泣き止まないのを見た日本軍人は赤ちゃんを殺害しました。こうした史実を知る沖縄の方々が、谷本さんの発信をどのように受け止めるか想像できますか? 歴史とはこうした「局部的な個々の問題」を非常に重要なファクターとして記録するものではないですか? 

 

 

私が丁度30年前に直接聞いた、元従軍慰安婦の方が被害後初めて証言された内容も筆舌に尽くしがたいものでした。さらに、亡父の体験した事例もひどいものでした。それらを個々の問題については、いろいろあろうかと···怒りを通り越して情けない気持ちにさせられます。亡父は受けた体験を踏まえ、私に再々言ってました。日本を信用してはいけない。日本人は冷たい。絶対油断するな、と。亡父にここまでの思いを持たせたのは、日本の行ってきた数々の愚行蛮行のなせる所かと想像してます。私個人は、むろん日本の中にも素晴らしい人たちは沢山おられるということを知っていますが、歴史の知識を持たない人が多いことも知っています。GHQが「自虐史観」をインプットされた? のではなく、戦後教育において、徹底的な歴史の改竄が行われ続けたことによる、歴史認識の崩壊が起きた、ということだと思います。広島、長崎にどこの国が原爆を落としたかということすら伝えられません。アメリカだと知る人さえ少なくなっているのではないでしょうか? 日本は、この原爆投下をきちんと受け止め、厳重な抗議と賠償を求めるべきでしたが、やりませんでした。広島を訪れたチェ·ゲバラが言ってます。原爆資料館を訪れた後、随行の役人に言いました。「きみたち日本人は、アメリカにこれほど残虐な目にあわされて、腹が立たないのか」

 

もう一点、天皇に関してはどのような受け止めですか? 私は裕仁には確実に戦争責任があったと考えてます。さらに言えば、天皇制自体は存在悪だと受け止めています。国民市民を巧妙に管理畏怖させるツールでしかありません。私は在日外国人ですが、日本に生まれ、税金を払い、(にも関わらず何十年住もうと何ら投票権は与えられませんが)生活している市民としてこれくらいのことは言わせてもらいます。谷本さんの今回のような発信をされる人によく見られることがあります。天皇制に対して無批判の下地を固め、崇敬の対象として祭り上げる傾向が顕れてしまうのです。谷本さんもそうなのでしょうか? もしそうなのだとしたら、それは、ご自身の中でよくよくお考えになることをお奨めします。国民や市民というカテゴリーに、特別な者、上位の者を設定することほどの愚策はありません。その行為で、多くの人たちが犠牲になっています。従軍慰安婦も兵隊も一般市民も多くが犠牲になってきました。その事実を重く受け止めていただけることを期待します。

 

この書面にお答え頂くことはお願いするつもりでしたが撤回します。ただ、是非読んでいただけることを期待します。どうかよくお考えいただくことを求めたいと思います。宜しくお願いします。

 

申榮逸    2022  4 13

 

(申榮逸から谷本氏への発信)

私の書面にお答え頂くことは不要ですが、今後、自虐史観を改めねばならないとか、東アジアの人たちから日本軍は歓迎されていたとかの発信はお止めいただけますか。日本が第二次大戦時、侵略を行ったということはない、との表明もお止め下さることが望ましいと思います。史実を曲げないように、そのご理解を頂けるようお願いします。以後、谷本さんのご発言を注視させていただき、やはり史実を曲げる発信をなさることがありましたら、もう少し強い態度で批判させていただきます。どうか被害を受けた方々の思いをご理解する立ち位置にお戻りください。

申榮逸     2022  4  13

 

(申榮逸から谷本氏への発信)

このような動画もあります。

証言:従軍慰安婦 - 動画 Dailymotion

谷本さんが市議会で発信された中で私が問題とした件について、今はどのように考えておられますか? 変更はありませんか? 私としては、看過しがたい所があり、是認できません。併せて、谷本さんにとってもよろしくないご認識かと存じます。電話でお話したいと思います。ご都合の良い日時をお知らせ下さい。宜しくお願いします。 申榮逸 2022  4  16

 

(谷本氏から申榮逸への発信)

最初に回答したとおりです。

谷本誠一さんから 2022 4 16

 

(申榮逸から谷本氏への発信)

では、私が送付した資料に関するご意見、及び、私が谷本さんの発信について記した意見についてご回答を求めます。宜しくお願いします。 2022 4 16  申榮逸

 

 (管理人)

*今回は独り言にあらず。谷本誠一氏のために、歴史歪曲の道から脱皮されることを期待して、記録を残す。ただし、私の直観ではそう簡単に脱皮することは無理だろうと感じる。排外主義からの脱皮は本当に難しい。途方も無い内省が必要だが、殆ど達成される方はいない。ごく稀に成し遂げる方もおられるが、今回はかなり難しいのではないか。