平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com

重要な記録なので保存します。

以下はnoteというブログに記録されていたものです。恐らく消される可能性が高いので、そのまま記録として保存します。コロナワクチンでモデルナからもファイザーからも異物が見つかってます。最初金属片だとされてたのが、いつの間にかゴム片だと変わりました。記事のトップに、記事への注意書きが二つついてます。国が非常にいやがってるだろうと、ブログ掲載側noteが忖度したのか、国が指示してるのか分かりません。いずれにせよ、今の国やメディアがまともにコロナワクチンの欠陥を通知、報道するとは全く考えられません。貴重な記録だと思うので、消されることを想定し、まず保存します。「泣いて生まれてきたけれど」さんが情報をリークして下さいました。

 

============================

 

元記事

note.com

 

以下、念のため、記録保存================

 

 公的機関の見解と反する内容、または著しく乖離した内容の記事です。

公的機関の見解と反する内容、または著しく乖離した内容の記事に本注意書きを出しています。 新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。 なお、厚生労働省には新型コロナワクチンQ&Aが用意されています。 以下のような質問をはじめ、その他不明点の検索も可能なので、ぜひご確認ください。 ・ワクチンの効果 ワクチンの安全性と副反応 これは本当ですか?

 新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

 

🔴重要/永久保存版】COVID(コロナウイルス)ワクチン4種に含まれるグラフェン、アルミニウム、セレン化カドミウム、ステンレス鋼、LNP-GOキャプシド、寄生虫、その他の毒素の存在を科学者チームが確認。ファイザー社、モデナ社、アストラゼネカ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社

 

795

 

🐉 Dragon God 🐯🐸👽🍿

2021829 10:46

 

 

 

🐉「ワクチンに何が入ってるの?」と聞かれたら、本記事を紹介してください。どれだけ危険かが理解できます。
https://note.com/drgngod/n/n6c4170c40092

 

────────────────────

スペインとアルゼンチンの医学研究者が電子顕微鏡と分光法を用いて発見したことを見事に裏付けているのが、ラ・キンタ・コルムナ誌が報じた。Dr.ロバート・ヤング博士は、生化学者、微生物学者、臨床栄養士であり、『pHミラクル』シリーズ、『リバース・キャンサー・ナウ』シリーズなどの著書があり、40年にわたる臨床・医療微生物学の研究、学術、教育に携わってきました。

彼と研究者チームは、透過型・走査型電子顕微鏡、位相差顕微鏡、X線分光法を用いて、4種類のワクチンすべてに含まれる酸化グラフェンという毒素を特定したと報告しています。ファイザー社、モデナ社、アストラゼネカ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社の4社のワクチンに含まれる酸化グラフェンという毒素をはじめ、アルミニウム、ステンレス、ビスマス、酸化グラフェンをちりばめた脂質ナノ粒子キャプシド、そして寄生虫のクルーズトリパノソーマなど、さまざまな種類のワクチンに含まれるものを確認しました。

 

Dr.ヤング博士は、これらの研究結果を自身のサイトで報告しており、825日(水)のニュースブレイク133で本誌記者と詳細に議論し、上気道炎とは何か、体の中で作られる病気の状態とは何かを詳しく説明し、ウイルス理論はまだ理論に過ぎず、科学的に証明されたものではないことを説明しました。SARS-COV-2と思われるウイルスは世界のどこにも分離されておらず、COVID-19と呼ばれているものは、より正確には、過去のワクチン(あるいはエアロゾル散布などの他の原因)による酸化グラフェン中毒と4G/5Gの放射線照射が、すでに弱っていたり、病気になっている人体に作用した「化学物質と放射線の毒」に起因する症状の集まりにすぎないという。

これは、ヤング博士のレポートです。

走査型および透過型電子顕微鏡でCoV-19ワクチンに酸化グラフェンを発見/Robert Young博士/20820

Scanning & Transmission Electron Microscopy Reveals Graphene Oxide in CoV-19 Vaccines2021, August 20 Author: Robert O Young CPC, MSc, DSc, PhD, Na

www.drrobertyoung.com

 

この報告書は、このMedic Debateのウェブサイトにも掲載されており、科学者チームのクレジットが記載されています。コビット・ワクチンのナノテクノロジー研究

 

目次

  • COVIDワクチン4種をSEMTEM、位相差、X線スペクトロスコピーで検査し、インフォームドコンセントを得た理由について
  • 4種類のワクチン全てに酸化グラフェンが含まれていた
  • 酸化グラフェンを用いた脂質キャプシドがファイザー・バイオンテック社とモデナ社のワクチンで観測される
  • オックスフォード大学のアストラゼネカ社とヤンセン社またはジョンソン・エンド・ジョンソン社のワクチンからステンレス鋼が発見されたことについて
  • ファイザー社およびモデナ社のワクチンに含まれるアルミニウム、ビスマス、その他のナノメタルは、ギザギザした塊や尖った小片として検出
  • ファイザー・バイオンテック社製ワクチンに含まれる寄生虫について
  • ワクチンに含まれるmRNAの量はごくわずか、酸化グラフェンは豊富に含まれる
  • ワクチンではなく、"遺伝子治療として機能するナノテクノロジーの薬 "です
  • COVID-19 "ワクチン "による酸素欠乏と血液凝固の発生
  • Newsbreak 133BREAKING:グラフェン、アルミニウム、ステンレス、LNP-GOキャプシド、PEG、寄生虫が4つのワクチンから発見される。ファイザー社、モデナ社、アストラゼネカ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社

COVIDワクチン4種をSEMTEM、位相差、X線スペクトロスコピーで検査し、インフォームドコンセントを得た理由について

Young博士の記事にあるようにヤング博士の論文にあるように、ファイザー・バイオンテック、モデナ、オックスフォード・アストラゼネカ、ヤンセン・ジョンソン・アンド・ジョンソンの4つのワクチンの水性画分を、科学者チームが走査型・透過型電子顕微鏡(SEMTEM)、位相差光学顕微鏡、エネルギー分散型X線分光法などを用いて調べました。これらのワクチンは、ワクチンセンターに並ぶ人々にも、投与する医療従事者にも、「意図的に空白」と書かれたバイアルの挿入物を使って、完全な情報開示をしていないことから、ワクチンに含まれる化学組成や元素を調べるために、走査型および透過型電子顕微鏡(SEMおよびTEM)、位相差光学顕微鏡、エネルギー分散型X線分光法などを用いて調べられました(分析方法についての詳細は、ヤング博士の報告書に記載されています)。

このような科学的検証の意図は、非公開のワクチン成分をすべての人に開示し、人々が十分な情報を得た上で、これらのワクチンを接種するかどうかを決定できるようにすることにあります。

ここで注意すべきことがあります。ファイザーの内部告発者であるカレン・キングストン氏は、LNP(リピッド・ナノ・パーティクル)封入プロセスが言及されている部分が編集されたモデルナとファイザーのFDA EUA申請書類にも注目しています。おそらく、FDAとファイザーは、ファイザーとモデナのmRNAワクチンの開発に資金提供したDARPAに敬意を表して、このような編集を行ったのでしょう。Kingston氏は、LNPの一部である酸化グラフェンであることを明らかにしましたが、これは編集によって隠蔽されており、PEG化脂質に酸化グラフェンが含まれていることを示しています。

 

Karen Kingston/Pfizer BioNtech EUAによる、ワクチンへのLNP混入プロセスに関する情報を再編集したスライド/こちらで紹介していますナノグラフェンオキサイド(GO)が身体と脳を汚染している証拠。COVIDとインフルエンザワクチン、化学物質の痕跡、雨水、生理食塩水、その他。ファイザーの内部告発者であるカレン・キングストンは、ファイザーとモデナのワクチンに含まれるPEG化された脂質ナノにGOが含まれていることを確認しました。

4種類のワクチン全てに酸化グラフェンが含まれていた

酸化グラフェン(GO)は、調査した4つのワクチンすべてから発見されました。ファイザー社のワクチンに含まれる酸化グラフェンは、ラ・キンタ・コルムナ社の科学者が最初に発見したもので、この発見はヤング博士が参加した科学者チームによって確認されました。以下の画像の一部は、ヤング博士の論文に使用されているもので、ラ・キンタ・コルムナ社の報告書から得られた知見を示しています。

 

ファイザー社製ワクチンに含まれるグラフェンは、光学位相差顕微鏡で確認された。図3-Pfizer社製ワクチンサンプル(左)と超音波処理した還元型酸化グラフェン(rGO)標準品(右)(Sigma-777684)の還元型酸化グラフェンを含む水性画分画像。光学位相差顕微鏡、600X /These illustrative images are from the La Quinta Columna Report, June 28, 2021:水性懸濁液中のグラフェン酸化物の検出;デルガド・マルティン、カンプラ・マドリッド

 

4つのワクチンすべてに含まれるGOTEM顕微鏡で決定的に確認された/報告書に記載されている通り図4bは、グラフェン粒子のX線回折パターンを示している。4種類のCoV - 2 - 19ワクチンすべてにTEM顕微鏡で酸化グラフェンが確認された/標準科学文献の画像(La Quinta Columnaのレポートにも使用されている

 

ファイザー社製ワクチンに含まれるTEM顕微鏡で確認された折り畳みシートのメッシュ状のGO/報告書に記載されている。図5は、ファイザー社製ワクチンに含まれるグラフェンナノ粒子のクラスター。凝集しているようにも見える。

 

ファイザーコミナティワクチンのTEM顕微鏡で確認されたGO/報告書に記載されています。図6は、ファイザー社の「ワクチン」に含まれる還元型酸化グラフェンの粒子をTEM顕微鏡で観察したものである。X線回折法により、その性質は結晶性であることが明らかになっている。 炭素ベースのナノ粒子であるrGO/これらの例示画像は、2021628日付のLa Quinta Columna Reportに掲載されたものである。水性懸濁液中の酸化グラフェンの検出;デルガド・マルティン、カンプラマドリード。

 

UV分光法は、UV顕微鏡法で確認されたrGO吸着スペクトルを示しています/レポートに記載:図10 - 紫外分光分析では、還元型酸化グラフェンの存在による吸着が確認され、紫外可視顕微鏡での観察でも確認された。

 

窒素、ケイ素、リン、塩素を含むGOModernaワクチンで発見されたシンプラスト複合体/報告書に記載されています。図30 透過型電子顕微鏡による還元型グラフェン酸化物の100ミクロンの大型シンプラスト複合体の発見

酸化グラフェンを用いた脂質キャプシドがファイザー・バイオンテック社とモデナ社のワクチンで観測される

ファイザーバイオテック社とモデルナ社のワクチンでは、rGOを含むリポソームキャプシド(分光法で示される)が顕微鏡を使って画像化された。

ここで注目すべきは、ファイザー社とモデナ社の公開資料とEUA申請資料には、カレン・キングストンがアンディ・カウフマン博士とのインタビューで語った4つの脂質からなるLNPのみが開示されており、rGO(還元型酸化グラフェン)については一切触れられていないことです。

酸化グラフェンは、毒性試験において、「細胞毒性」と「遺伝子毒性」の両方を持つことが判明していると、ヤング博士は指摘する。

酸化グラフェンなどの細胞毒素があると血栓ができる

毒素に対する血液の主な反応は、肺への酸素を含んだ血液の流れを妨げる血栓です。そのため、チャールズ・ホッフェ博士をはじめとする多くの医師が最近述べているワクチン接種者の血栓についても、ジェーン・ルビー博士がこのニュースブレイク130で取り上げています。また、COVID-19に代表される窒息、咳、呼吸困難などの症状も、酸化グラフェンの化学物質による汚染と放射線による汚染に対する体の反応であることがわかっています。

 

 

グラフェンが結晶化している間に赤血球が凝固する/グラフェンがどこから来たのか、ワクチンなのかエアロゾルなのかはまだわかっていない、とNB133Young博士は言う/グラフェンのような毒素が血液にどのような影響を与えるかを示している。

────────────────────

グラフェンファミリーのナノ粒子の毒性

 

GFN(グラフェンファミリーナノ粒子)は、血液-空気関門、血液-精巣関門、血液-脳関門、血液-胎盤関門などを透過し、肺、肝臓、脾臓などに蓄積することで、組織に急性および慢性の傷害を誘発することができる。例えば、いくつかのグラフェンナノ材料のエアロゾルは、吸入されて気道に実質的に沈着し、気管支気道を容易に貫通した後、下肺気道に移行して、その後の肉芽腫の形成、肺線維症、被曝者への有害な健康影響をもたらす[2, 29]...

 

"グラフェンナノ材料の毒性評価には静脈内注射も広く用いられており、グラフェンは30分でマウスの体内を循環し、肝臓と膀胱に作業濃度で蓄積される[32, 50-52]"

 

グラフェンファミリーナノ粒子の毒性:起源とメカニズムの一般的なレビュー/粒子と繊維の毒性、2016年より

────────────────────

ヤング博士は、ニュースブレイク133で、下の写真のカプシドの研究において、100%酸化グラフェンが発見されたと報告しています。脂質を形成するPEGはアレルギー性が高いことが知られており、グラフェンと同様に血液凝固を引き起こす可能性があります。

 

ファイザーバイオテック社のワクチンに含まれるリポソームカプシドをSEM-Cryoで発見/報告書に記載されている。図4は、ファイザー社が自社製品に使用しているrGOを含むリポソームカプシドである。リポソームカプシドを特定のmRNA分子に付着させて酸化グラフェンを媒介させ、fGOのリポソーム内容物を特定の臓器、腺、組織、すなわち卵巣と精巣、骨髄、心臓、脳に送り込むためのものである。画像はSEM-Cryoの準備で得られたものです。

 

Moderna社のワクチンに含まれる量子ナノドットは、有毒なカドミウムセレニドを含むグラフェンで作られていることが判明/報告書より図28は、Moderna社の "ワクチン "に含まれる酸化グラフェンのナノドットを示しています。

 

毒性のある硫化カドミウムのModernaワクチンに含まれる気泡状の空洞と量子ナノドットがGO/Asで指摘されている。図27は、Moderna社の "ワクチン "に含まれる酸化グラフェンのナノドットを示しています。

 

Modernaワクチンに含まれるシリコン、鉛、カドミウム、ナトリウム、チタン、銅、セレン、炭素、窒素報告書に記載されています。図29は、Moderna社の "ワクチン "に含まれる酸化グラフェンのナノ粒子の細胞毒性と遺伝子毒性の複合体を示しています。

オックスフォード大学のアストラゼネカ社とヤンセン社またはジョンソン・エンド・ジョンソン社のワクチンからステンレス鋼が発見されたことについて

オックスフォード大学のアストラゼネカ社とジョンソン・エンド・ジョンソン社のワクチンから、ステンレス鋼である鉄とニッケル、そしてクロムが含まれていることが判明した、奇妙な形をしたナノ金属の塊の集合体が発見されました。

ヤング博士によると、これらのワクチンを接種した人が突然、体に磁石のような引力を示す「被接種者の磁化」という現象も、これらの理由によるものではないかという。

もちろん、酸化グラフェンには常磁性の性質もあり、最近のニュースでは、日本の厚生省が160万人分のモデルナを回収した理由は、グラフェンが引き起こす磁化によってバイアルが汚染されているのではないかという懸念があったからかもしれない(意図的なものであることは明らかである)

下の画像は、透過型電子顕微鏡でステンレス鋼のナノ金属凝集体を確認し、続いてエネルギー分散型X線分光法を用いてX線マイクロプローブで得られたスペクトルグラフを示したものです。

 

アストラゼネカ社のワクチンから発見されたステンレス鋼の複合材/報告書より図19 - 鉄、クロム、ニッケルの工学的な集合体で、ステンレススチールとして知られる。

 

鉄、ニッケル、クロム、銅、シリコン、硫黄、塩素、セレン、炭素を示すアストラゼネカ社製ワクチンのスペクトログラフ /報告書より図20は、アストラゼネカ社の「ワクチン」に含まれる定量化されたナモ微粒子を、エネルギー分散型システムのX線顕微鏡で撮影したもので、観察されたマイクロおよびナノ微粒子の化学的性質を明らかにしています。

また、アストラゼネカ社のワクチン成分に関しては、毒性のあるPEG化合物が確認されたことも関連しています。"XRF(蛍光X線)装置を用いて、アストラゼネカ社の「ワクチン」に含まれるアジュバントを評価したところ、ファイザー社とモデナ社の「ワクチン」にも含まれるヒスチジン、スクロース、ポリエチレングリコール(PEG)、エチレンアルコールの以下の分子が確認されました。このテストの結果は、図20で見ることができます[9]

PEG
とエチレンアルコールの注入は、どちらも発がん性と遺伝毒性があることが知られています[9]PEGは、アストラゼネカ社の「ワクチン」の成分を記載したデータシートに宣言されている唯一のアジュバントでしたが、ファイザー社とモデナ社の「ワクチン」には含まれていました。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン社のワクチンは、還元型酸化グラフェンの「炭素系接着剤」で圧縮されたステンレス鋼の集合体を示している。ヤング博士によると、この接着剤は赤血球に「病的な血液凝固」と「スパイク・プロテイン効果」を引き起こす可能性があるという。/報告書より図22 炭素、酸素、鉄、ニッケルを酸化グラフェンで固めたステンレス鋼の集合体

 

ステンレス(鉄、ニッケル、クロム)と酸化グラフェン(炭素、酸素)の含有量を示すジョンソン・エンド・ジョンソン社製ワクチンの分光写真/報告書より。図23は、炭素、酸素、鉄、ニッケルの元素が酸化グラフェンと一緒になっている様子を示している

ファイザー社およびモデナ社のワクチンに含まれるアルミニウム、ビスマス、その他のナノメタルは、ギザギザした塊や尖った小片として検出

ファイザー社とモデナ社のワクチンからは、様々な形状の鋭利なナノメタルのスラッジや破片が発見されました。これらは、ケイ酸アルミニウム、ビスマス、クロム、鉛、チタン、カドミウム、銅、セレン、カルシウム、カリウム、ケイ素、炭素、有機物の凝集体であることが様々に判明しています。

以下の画像を見ると、ファイザー社とモデナ社のワクチンには、危険な形をした塊や、鋭くギザギザした粒状のナノ金属片が含まれていることがわかります。これらのナノ金属片はすべて細胞毒性を持っており、ミクロン単位の大きさが異なるとヤング博士は指摘しています。それぞれの画像は、X線スペクトロスコピーで化学成分を確認しています。これらの画像のすべてのスペクトログラフを見るには、レポートをご覧ください。この画像の下の引用は、分光器から発見された内容を示しています。

 

ファイザー社のワクチンに混入した金属-GOデブリのスピキュール/報告書より図11は、ファイザー社のいわゆる「ワクチン」の中に確認された長さ20umの鋭いミクロンの破片で、炭素、酸素、クロム、硫黄、アルミニウム、塩化物、窒素が含まれている。

 

ファイザー社のワクチンに含まれるメタリックGOフレークに含まれるビスマス、アルミニウム、銅/報告書より。図15は、ファイザー社の「ワクチン」に確認されたナノおよびミクロン単位の微粒子を示しています。長さ2ミクロンの白い微粒子は、ビスマス、炭素、酸素、アルミニウム、ナトリウム、銅、窒素で構成されています。

 

モデルナワクチンに含まれるアルミニウム、銅、酸化グラフェンの塊(アルミニウム、銅が多く含まれている)/レポートより図26 透過型電子顕微鏡で見る、有機物と非有機物が埋め込まれた酸化グラフェンの複合体

 

モデルナワクチンに含まれるアルミニウムシリケート&グラフェンオキサイドのシャープなギザギザのスピキュール/報告書より。図32 透過型電子顕微鏡による酸化グラフェンとケイ酸アルミニウムの複合体の観察

ファイザー・バイオンテック社製ワクチンに含まれる寄生虫について

ファイザー・バイオンテック社のワクチンにも寄生虫が混入していたようです。これにより、ワクチンに何が含まれているかという恐ろしいドラマは、ヤング博士の報告書で科学的に指摘されているように、全く新しいレベルのホラーショーへと引き上げられたのです。

「図13に見られるような50ミクロンの細長い体は、ファイザー社のワクチンの中で鋭い謎の存在です。これは解剖学的にはTrypanosoma cruziという寄生虫で、いくつかの変種は致死性であり、後天性免疫不全症候群(AIDS)の多くの原因の一つであると同定されています[人間の寄生虫学のアトラス、第4版、ローレンス・アッシュとトーマス・オリセル、ページ 174 to 178][8]」。

 

-ファイザー社の「ワクチン」には寄生虫がいるのか?/走査型・透過型電子顕微鏡でCoV-19ワクチンに酸化グラフェンを発見/ロバート・ヤング博士/2021820

これは非常に不安なことであり、この恐ろしい「非ワクチン」を直ちに停止させるために、すべての読者からの熱い呼びかけが必要です。ウィキペディアによると、この生物は組織を破壊し、血を吸う。"Trypanosoma cruziは寄生性のユーグレナの一種である。原生動物の中でもトリパノソーマは特徴的に他の生物の組織を破壊し、(主に)血液やリンパを吸う。このような行動は、生物によって異なる病気を引き起こしたり、病気の可能性を高めたりする。人ではシャーガス病、馬ではドーリンやサーラ、牛ではブルセラ症に似た病気があります。"Chagas and Trypanosoma Cruziに関するCDCのウェブサイトはこちら。シャーガス病におけるこの寄生虫の人体への恐るべき影響(心不全、大腸の破壊、皮膚、脳への影響など)については、メイヨー・クリニックがこちらで説明しています。

 

ファイザー・ワクチン・スペシャル血を吸う寄生虫/報告書より図13は、いわゆるファイザー社の「ワクチン」から発見された長さ約20ミクロンのトリパノソーマ寄生体である。炭素、酸素クロム、硫黄、アルミニウム、塩化物、窒素で構成されています。

 

レポートから:クルーズトリパノソーマ寄生虫の生血pHaseコントラスト顕微鏡写真[8]

ワクチンに含まれるmRNAの量はごくわずか、酸化グラフェンは豊富に含まれる

報告書に従ってRNA抽出およびUV蛍光検査を行ったところ、わずかな量のmRNAしか検出されず、UV吸収スペクトルからは、ワクチンバイアルからの水性画分に大量の酸化グラフェンが含まれていることが確認され、位相差光学顕微鏡で見られる豊富なグラフェンシートからも明らかである。

これらの結果は、La Quinta Columnaの研究者が報告したものと一致しています。La Quinta Columna社のレポートはこちらです。

「これは重要な発見であり、ワクチンメーカーが公表したmRNAの挿入は、ワクチンの内容物のごく一部に過ぎず、危険で毒性のある酸化白金が大量に含まれていることを示唆しています。現在、世界中の科学者がこれらの内容物を研究しているかもしれませんが、現時点では、4社のワクチンメーカーが、この広汎な毒性を持つ成分の存在を隠していたことを示す十分な証拠が存在しているようです。実際、報告書の結論では、次のように述べられています。
「ワクチン」という名称は、官僚的・技術的な理由で、緊急の承認を得るために使われたエスカモタージュ(策略)である可能性が高い...人類は、関係するナノ粒子技術のプロセスに関して、体の細胞への悪影響、特に血液や体の細胞に対する磁気毒性、細胞毒性、遺伝子毒性のナノバイオインタラクション効果について、何も知らされていない」。

"NanoDropTM2000分光光度計のキャリブレーションチェック固有のソフトウェア (Thermofisher) "によると、全水性画分の紫外吸収スペクトルは747 ng/ulの未知の吸収物質と相関していた。

 

しかし、市販のキット(Thermofisher)を用いてRNAを抽出した後、RNA特異的なQbit蛍光プローブ(Thermofisher)を用いて定量したところ、6t ug/ulのみがRNAの存在に関係していることがわかった。このスペクトルは、270nmrGOのピークと一致した。

 

今回発表された顕微鏡写真によると、この吸光度のほとんどは、サンプル内の液体に豊富に含まれるグラフェン状のシートによるものであると考えられます。

 

-ファイザー社のワクチンにおけるmRNAの定量化、走査型・透過型電子顕微鏡によるCoV-19ワクチンの酸化グラフェンの発見/Robert Young博士/2021820

"340nmでのUV蛍光の最大値も、サンプル中に相当量のrGOが存在することを示唆している(Bano et al, 2019"

-還元型酸化グラフェン(rGO)に関するファイザー社の水性画分のウルトラバイオレット蛍光検査[5]、走査型および透過型電子顕微鏡は、CoVID-19ワクチン/ Drの酸化グラフェンを明らかにします。 ロバート・ヤング/2021820

 

報告書より図9Cytation5セルイメージングマルチモードリーダー分光光度計(BioteK社製)を用いて、紫外吸収スペクトルと蛍光スペクトルを測定。紫外吸収スペクトルでは、270nmに最大のピークが確認され、rGOの存在を示唆しています。また、340nmにおけるUV蛍光の最大値は、サンプル中に相当量のrGOが存在することを示唆している(Bano et al, 2019)。

ワクチンではなく、"遺伝子治療として機能するナノテクノロジーの薬 "です

この4つのワクチンを調査した科学者たちは、これらのワクチンは治療用ワクチンではなく、動物細胞、ベロ細胞、流産した胎児の細胞から得た遺伝子組み換えタンパク質(mRNA)に、毒性の強い酸化グラフェン(GO)複合体と他のナノ粒子を結合させたものであると結論づけた。

これらのGOの重い「治験薬」は、麻痺、発作、痙攣、脳卒中、血栓、心臓発作、心筋炎、ベル麻痺、失明など、何百万ものワクチン傷害を引き起こしていることが証明されており、ヤング博士は現存する米国CDCVAERSEUEudraVigilance、英国のイエローカードの数字(これらを合わせると、現在約5万人が死亡している)から計算すると、おそらく何百万人もの死亡者を出している。これらのデータベースから死亡の証拠を集めた彼の包括的な投稿をご覧ください。他のすべてを忘れてください!怪我と死に関するVAERの番号を見てください!/2021817

「ファイザー社、モデナ社、アストラゼネカ社、ヤンセン社の医薬品は「ワクチン」ではなく、上述したように、動物細胞やベロ細胞、堕胎したヒト胎児の細胞から抽出した遺伝子組み換えの核酸のmRNAに、さまざまなナノ元素が付着した複合酸化グラフェンのナノ微粒子の集合体です。繰り返しになりますが、これらのいわゆるワクチンに含まれる成分は、植物、昆虫、鳥、動物、人間の細胞膜とその遺伝に対して、高い磁気毒性、細胞毒性、遺伝毒性を持っており、すでに重篤な傷害(推定5億人以上)や最終的な死(推定3,500万人以上)につながっています[17][18][54]"

 

-ディスカッション、走査型および透過型電子顕微鏡でCoV-19ワクチンに酸化グラフェンを発見/Robert Young博士/2021820

COVID-19 "ワクチン "による酸素欠乏と血液凝固の発生

ヤング博士によれば、これらの致命的な非ワクチンによって人体や脳が傷害されるメカニズムは、毒素、アシドーシス、放射線の存在によって血液が凝固し、肺への酸素が欠乏し、さらにマスク着用による過呼吸で悪化することで説明できるという。これについては、論文「血液の酸素欠乏(DIC)と肺の酸素欠乏(SARS - CoV 2 & 19)の原因は何か」で詳しく述べており、ニュースブレイク133号の前半でも紹介している。

"...(中略)何十億人もの「ダブル・ジャッジ」された人々が病気になり、理論的にはCoV-19という非存在のウイルスにさらされ、死に至っている...[54]幻のウイルス感染ではなく、恐怖や偽の証拠が現実のように見え、遺伝子組み換えされたmRNAを介して還元型グラフェン酸化物の有毒な酸成分が人体の特定のターゲットに届けられ、病的な血液凝固、酸素欠乏、過呼吸、低酸素症、そして窒息死に至るのである。[55][56][57]"

 

-ディスカッション、走査型および透過型電子顕微鏡でCoV-19ワクチンに酸化グラフェンを発見/Robert Young博士/2021820

 

「コロナ効果」とは、赤血球が毒素の攻撃を受けると、下の顕微鏡写真のように、赤血球があちこちに飛び出し、集まって固まってしまう現象で、ヤング博士は酸素欠乏症に関する論文の中でさらに詳しく説明しています。

 

Newsbreak 133BREAKING:グラフェン、アルミニウム、ステンレス、LNP-GOキャプシド、PEG、寄生虫が4つのワクチンから発見される。ファイザー社、モデナ社、アストラゼネカ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社

ヤング博士は、2時間の講演の中で、ワクチンに含まれる危険なナノ粒子が血液にどのような影響を与えるか、また、病気や疾患、感染ではなく「アウトフェクション」が体内でどのように機能するかを詳しく説明しています。ヤング博士は、ワクチンに含まれる危険なナノ粒子がどのように血液に影響を与えるのか、病気や疾患、感染ではなく「アウトフェクション」が実際に体内でどのように作用するのか、ウイルス理論(細菌理論)は今も昔も証明されていない理論に過ぎないこと、地形医療が真の医療であること、コロナ効果の正体、スパイクタンパクの正体などを詳細に説明しています。また、製薬会社には何十億もの利益をもたらし、専制的な政府にはファシズムへの道をもたらし、世界中の何百万人もの罪のない人々に死と障害をもたらしている、驚くべき毒性を持つ「非ワクチン」について、彼や他の科学者が顕微鏡や分光法で発見したことを説明しています。

ニュースブレイク133は、下記リンクのBitchuteBrighteonOdyseeRumbleでご覧いただけます。

 

Newsbreak 133|BREAKING: Dr. Young Reveals Graphene, Aluminium, LNP Capsids, Parasite in 4 VaccinesAbsolutely bombshell and major reveals on what is in the vacc

www.bitchute.com

 

Newsbreak 133 | BREAKING: Graphene, Aluminium, Stainless Steel, LNP-GO Capsids, Parasites Found in 4 Vaccines: Pfizer, Moderna, AstraZeneca, Johnson & JohnsonAbsolutely bombshell and major reveals on what is in the vacc

www.brighteon.com

 

Newsbreak 133 | BREAKING: Graphene, Aluminium, Stainless Steel, LNP-GO Capsids, Parasites Found in 4 Vaccines: Pfizer, Moderna, AstraZeneca, Johnson & JohnsonAbsolutely bombshell and major reveals on what is in the vacc

odysee.com

 

Electron Microscopy Reveals Graphene Oxide in CoV-19 VaccinesAbstract Currently there are four major pharmaceutical compan

rumble.com

 

────────────────────

ソース

Newsbreak 133: Team of Scientists Confirm Presence of Toxins Graphene, Aluminium, Cadmium Selenide, Stainless Steel, LNP-GO Capsids, Parasites, Other Toxins Variously in 4 COVID Vaccines: Pfizer, Moderna, AstraZeneca, Johnson & JohnsonReport | Ramola D | August 28, 2021 In stunning confirmation

everydayconcerned.net

 

────────────────────

🔴危険なワクチン関連の更なるエビデンスについては、こちらをご覧ください(Google自動翻訳)

The EveryDay Concerned Citizen
https://translate.google.com/translate?sl=auto&tl=ja&u=https://everydayconcerned.net/2021/08/15/self-assembling-graphene-oxide-nanotech-now-found-also-in-pfizer-vaccine-german-video-reveals-self-assembling-specks-and-crystalline-networks-forming/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?

気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!

 

気に入ったらサポート

795 

🐉 Dragon God 🐯🐸👽🍿

フォロー

💩テレビや新聞が報じない「真実」。なぜ報道しないかって?note https://note.com/drgngod/n/n85a6fbe16014 📣Twitter,Facebookで得られない海外の情報を和訳発信中 Telegram https://t.me/drgngod

 

*記事の後に出るこれまでのすべての自動広告について、私は一切関与してません。