平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com 電話 07053475258(10〜17時)

この動画は拡散 そしてグルタチオンについて理解する

友人が教えてくれました。以下の動画です。この動画は、できるだけ拡散していただくことが重要かと思います。まず動画の紹介です。以下です。

www.bitchute.com

 

当然のことながら、youtubeではありません。BITCHUTEでの紹介です。youtubeでは新型コロナウィルスワクチンの実態について暴露されるような動画、情報は消去されます。

 

11分ほどの動画ですので、それほど時間はかかりません。初めて出てくる言葉がけっこうありますから、調べながら勉強しながら観るのが良いと思います。酸化グラフェンという単語も私は初めて知りました。

 

さて、この動画も、日本政府は、河野太郎は、デマの二文字で否定するのでしょうか? また「こびナビ」というデマグループもこの動画に敵対するのでしょうか? 興味深い所です。ただ、彼らはまともに検証する能力がありませんので、黙殺という手段を取る以外に対処の方法が無いでしょう。相手にするだけ時間がもったいないです。

 

そんな時間は捨て置いて、ともかく拡散に努めるのが賢明かと思います。動画の発信内容は極めて冷静かつ論理的で、発信力の高いものとなっています。ここまで小気味よく看破した発信には本当に久しぶりにお目にかかりました。

 

この動画を簡単に要約すれば・・・いやそんな能力は私には無いので、できるだけ私にも、そして誰にでも理解しやすいように、がんばって文に書き起こしてみれば・・・

 

新型コロナウィルスワクチンというものは、ワクチンという実体を持たないものであり、酸化グラフェンという大変身体に悪いものが入っているということにすぎない、単に人間を害するものに他ならない。今、社会で、非常におかしなことが多々起きているが、それらは政府の最高機関とされる所が起こしていることである。そして、その中身には根拠がない。世界中の最高機関は、新型コロナウィルスの単離を行えておらず、すべて不可能だったと表明している。新型コロナウィルスの存在は世界中で証明されていない。酸化グラフェンという物質は現在殆どの人が一日中装着を強制されているマスクにも多く含まれており、PCR検査、抗原検査で使用される綿棒にも多く含まれている。さらに、新型コロナウィルスワクチンの中にも大量に含まれている。この酸化グラフェンは、すべての新型コロナウィルスワクチンに大量に含まれている。インフルエンザワクチンにも新型コロナウィルスワクチンにも大量の酸化グラフェンのナノ粒子が含まれている。そして、酸化グラフェンは、血液の凝固による血栓を引き起こし、かつ免疫システムの崩壊も引き起こす。酸化グラフェンを吸い込むと粘膜に炎症を起こし、味覚障害が起き、においもしなくなる。さらにむろん両側の肺を害し、肺炎を起こすことになる。つまり、新型コロナウィルスのすべての症状が、この酸化グラフェンによって引き起こされている。今の社会で、大変奇妙な強制、マスク、三密を避けよ、消毒せよ、検温せよ、などの「対策」が行われているのも、すべて世界中に共通した無意味な強制である。意味がなく社会を疲弊させる。いま、世界の最高機関から与えられ続けてきた情報をリセットすることが必要である。新型コロナウィルスの実体はなく、化学的毒性物質によって健康被害が起こされているという現実に目覚めねばならない。グルタチオンの投与が重要。子供たちは元々グルタチオンの量が体内に多く、「新型コロナウィルス」に罹患することがない。5Gの関与も重大であり、酸化グラフェンとの相乗効果で多くの人を害することに繋がっている。65才以上の人が罹患することが多い。運動をよくする人はグルタチオンが多く、罹患することも少ない。今回の状況は国家による、世界の人口へのバイオテロリズム以外の何物でもない。この事実を拡散することが大変重要である。

 

上の文は、緊急に自分に分かり易く、かつ今できる可能な限りのスピードでこの動画のほんの一部のエッセンスを書き起こしたものに過ぎません。実際には、この動画を何度も読み返すことが必要だと思います。そして、多くの人に伝えるという努力も必要です。

 

政府や御用医師、メディアは恐らくこの情報を完全に黙殺するでしょう。情報が露出してきた場合においても、反応すらせず、単にデマの二文字で処理するはずです。その冷静なフリを粉々に粉砕するためには、我々が知識を、情報を把握し、騒動の虚偽と詐欺性を確認し、完膚なきまでに論破することが必要です。

 

個人個人の覚醒と行動、発信発言が重要だと思います。

 

*記事の後に出るこれまでのすべての自動広告について、私は一切関与してません。