平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com 電話 07053475258(10〜17時)

何故、新型コロナウィルスワクチンを打つなと活動するかと言えば・・・

新型コロナウィルスワクチンを打たない方が良い、と久しぶりに会う知人友人に伝えても、あるいは久しぶりに電話しても、すぐに理解されるということはまず絶対に無い。

 

何故なら、国や自治体、主流メディア、御用専門家などによる洗脳と刷り込みが既に完了しているからだ。その圧力はすさまじく、その内容以外の情報は殆ど無い。

 

殆どの人達が保有している情報に対して、真逆の情報を伝えても理解されるどころか、強烈な反発をもって迎えられるに過ぎない。もしくは、こちら側を蔑むか哀れむかの反応のみになる。

 

体験した中では、丁寧に言葉を紡ぎ、打ってはいけないというエビデンスの説明をテキストで渡し、その回数を重ねる方法が良いようだ。洗脳に対しては洗脳で対処すると言えるかもしれない。

 

国や自治体、主流メディア、特にテレビの力は絶大である。殆どテレビによって人々は誘導されていると言ってもよい。テレビを捨てろと言っても聞く耳は持たれない。

 

それでも諦めずに新型コロナウィルスワクチンを打ってはいけない、と言い続ける必要がある。打たれた人が打たない人達に有害な物質をまき散らすスプレッダーになるから。

 

とてもよく計算されたタチの悪い人工伝染病をまきちらす、それが新型コロナウィルスワクチンと呼ばれるモノの正体。まきちらすばかりか、打たれた本人も無論、絶望的なまでに健康を阻害される。

 

さて、今日もどうやって伝えるか、工夫を考えないと。打たない者として、打つ人を守るためにも打たない人を守るためにも動き続ける他ない。課題としては、非常に厳しいが、まぁやるしかない。

 

*記事の後に出るこれまでのすべての自動広告について、私は一切関与してません。