平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com 電話 07053475258(10〜17時)

詐欺師でドロボウで人殺し・・・

走行距離課税? 車で走ったら走った分の距離に応じて課税するというものらしいですね。初めてこの記事を目にしたとき、目を剥きました。よくこんな発想できるなと。田舎で長距離走らなければ生活が成り立たない所、それにバスや電鉄などが路線カットし、どんどん車に頼らざるを得ない地域、沖縄のように、そもそも電車が無い地域でバスも本数が少ない所は車移動に頼るしか無い、という所。そういう地域が山ほどあります。一体どうやって税金を払えというのでしょう?

 

おまけに年金カット、消費税増税の論議を始めたいなどの話も丸で理解できません。保険料なども値上げ、あと、まだ見えていない所で、どんどんいろんな税金、諸費用などなど、上げていってるとかいう話が聞こえてきます。もう覚えきれないくらい。

 

こんな論議を仄めかしながら、岸田の言った言葉がスゴイですね。「このままじゃ国が持たない」・・・この記事を観たとき、目を見張りましたね。この話を観た聞いた全員が内心で言い返してるはず。いや、このままじゃ国民市民が持たないぞ、って。既に収入の5割が税金、年金掛け金、保険料などの諸費用で奪われてます。今後、確実に5割を大幅に超えるでしょう。国の収奪は常識レベルをとっくに越えてます。

 

この話も呆れました。コロナ関連の予備費? 12兆円も使ったらしいのですが、「最終的な用途を正確に特定できたのは6.5%8千億円強」だけとのこと。日経新聞が9割以上が使途不明だとしてますが、9割以上どころじゃないですね。約93.5%が使途不明ということですね。

 

もう一つ、コロナワクチンの件、厚生労働省予防接種室にもう一度電話しました。一昨日電話したときは、先方が丸できちんと対応しようとしないので、少し怒ってしまいました。後で、これは失敗だなと思い、もう一度電話した訳です。録音をとりました。そうすれば怒りたくても怒れないと思ったので。結果的に、同じでしたね。私が質問したことには一切答えません。大事な質問をした後に、なぜか急用が入ったとかで保留にされることが何度か続きました。後で録音を聞き直したら、明らかに誰かから指示を受けて中断させられてるような気配を感じました。意図的にこちらの質問をつぶそうとしてるのでしょう。姑息だな、と思います。これまでに数え切れないほどこの予防接種室に電話しましたが、今までまともに回答されたことは一度もありません。

 

このやりとりは、いずれまた概略を記録するつもりです。一つ大事な質問は、生後半年~4才の乳幼児にまで10月24日から接種開始、そして努力義務まで付けて行う、一体これはどういうことなのか? なぜそこまでして乳幼児にまでこの危険なコロナワクチンを打たせるのか、ということでした。接種後1883人が亡くなってる、いや超過死亡で観ると十万人二十万人単位で亡くなってる可能性すらあるとも言いましたが、無言を貫かれました。むろん欧州議会議員Cristian Hertesの発信、ファイザー・モデルナのお話にならない治験実態についても再度聞きました。完全黙秘でした。

 

最後には、ともかく子どもたちの命と未来が本当に危うくなってます。どうか力を貸してください、という言葉で終えました。自分ながらよく我慢したなぁと思っています。オコリンボの私がここまで我慢するなんて、滅多にありませんから。

 

厚労省の方々は壊れてます。先日もあるまともな専門家(医師、小島さんという方だったと思います)が厚労省の役人に質問してる場面を観ました。ところが、全く答えないんですね。言葉は出してますが、データを出してくれという件について、意味の分からない言葉を並べながら拒否してます。担当してる部分ではないから分からない、とか言ってたように記憶してます。もうお話になりません。わざと縦割りを強調して責任逃れしています。データを出す気がない、質問に答える気がない、ということでしょう。

 

コロナワクチン接種が未だに日本では続いています。欧州委員会で明らかになったファイザー・モデルナのありえない治験状況、いや、全くのデタラメ状態が暴露されているのに、厚労省も国もメディアも無言です。結果的に関係者は殺人犯と目されても仕方無いのではないでしょうか。

 

色々思い巡らせてみて感じました。

 

今の日本

 

詐欺師でドロボウで人殺し・・・そういった連中が支配してしまってるんだな、と。

 

言い過ぎでしょうか?