平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com 電話 07053475258(10〜17時)

コロナワクチンにはカミソリが大量に入っている

www.bitchute.com

 

12月2日にこの動画を含んだ情報としてのブログを紹介した。以下。

 

hirayamax.hatenablog.com

 

上の動画は、この12月2日に紹介したブログサイトに含まれていたもので、ドイツ語のナレーションに日本語訳を付けたものだ。私も英語を拾って日本語訳を付けようと思っていたがグズグズしている内に、それをやってくれた方がいた。とても助かった。この方はおそらくプロの翻訳者だと思う。転載禁止とされてるが、ブログへの紹介を禁止ということではないだろう。翻訳者はマタタビの羅針盤という名前。

 

動画の内容は恐るべきものだ。結論から言えば、新型コロナウィルスワクチンとされるものは、人を殺害するためのものだとこの化学者は断言している。私には化学の知識は乏しいが、この方の説明することは分かる。とても分かり易い。この方の言うことを信用できる。数日後に別の動画配信をしていた時に、ショットガンを持った警官グループに踏み込まれ、連行され、間もなく亡くなられた。死因は未だに明らかになっていない。奥さんの哀惜の発信は本当に痛ましい。

 

結果的に、この注射で、体内にカミソリ様の物質が大量に送り込まれ、心臓を脳を血管を切り刻むことになる。長さ50nm、暑さ1nmのカミソリだ。nmとはナノメートル。1ナノメートルは10億分の1メートル、つまり100万分の1ミリ。想像することもできないくらい小さい。それらが大量に入った液体が新型コロナウィルスワクチンとされるものの正体だとこの科学者、アンドレア・ノアック氏は指摘している。

 

毒物注射を受けた多くのアスリートがどんどん亡くなっているのは、血流が速いからだそうだ。今後もこの毒物注射を受けた人は被害を受け続ける。プラセボや毒物濃度の極端なばらつきをあえて入れ、露見しにくいように操作されている。とても悪質な企みだ。極めて巧妙に計算され尽くしたジェノサイド作戦に他ならない。

 

これは世界中に広げるべき情報。彼の遺志を無駄にしてはならない。