平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com 電話 07053475258(10〜17時)

子供たちの未来のために

残念ながら、今の日本政府は政府としての機能を果たしていません。国民市民を守っていないばかりでなく、意図的に害する方向へ誘っています。政治が全く役割を果たしていません。与党も野党も、相変わらずPCR検査を「いつでもどこでも誰でも」が打てるように、などと叫んでいます。NHKのラジオニュースをたまに聞きますが、与党と野党の発言が全く同じ、あくまでもPCR検査の増加とワクチン接種の充実、できるだけ早く多くの人に接種を、と呼びかけています。

 

地方議員の中には、真剣にコロナワクチンの毒性を理解しており、打たないように主張する人もいます。マスクについても感染症予防効果が全くないこと、それどころか非常に有害で常時装着を絶対してはいけないことなどについて、正確に主張されている方もいます。残念ながら、それが国会議員となると、丸で皆で意思統一をしているかのごとく足並みをそろえ、PCR検査をできるだけ多く、そしてコロナワクチン接種を早急に打ってもらい、社会における集団免疫を獲得しよう、などと言います。

 

新型コロナウィルスの存在も証明されていなければ、PCR検査が全く意味が無いことも知られてません。また、コロナワクチンが意味が無いばかりでなく非常に有害なもので、その接種のせいで多くの国民市民が被害を受け、多くの人達が死に、重篤な副作用が発生している、ということもまた全然知らされません。メディアと政府がグルとなり、多くの国民市民が殺され続けている現実があるのですが、今ある現実は、怖いコロナウィルスの脅威を乗り越えるために、文字通り命がけでコロナワクチンを接種しないといけない、ということだけです。

 

洗脳もここまでいくと大したものですが、この洗脳を解く方法が今の所殆ど見つかりません。

 

洗脳の中身はすさまじいものです。マスクは常に装着しないといけない。空気中にコロナウィルスは充満している。一枚だけじゃだめ、出来ればマスクを二枚三枚と着けないといけない。病状はすさまじく、あっという間に酸素マスクに繋がれるほどの重症になる。治ったとしても後遺症が何ヶ月も続く。息切れ、発熱、倦怠感など、延々と続く。ワクチンを打つしかない。ただしワクチンを打っても感染症対策を続けなければならない。ワクチンを打ってもコロナにはかかる。だから何度もワクチンを打たなければならない・・・

 

もう支離滅裂な状況となっています。コロナワクチンとされるもので病気になり、重篤な症状が次から次へと発生しているのですが、それらがすべてコロナウィルスに感染したためだとされます。究極の悪循環がメビウスの輪のようにグルグル回っています。手の打ちようがありません。

 

一年半以上に及ぶ、マスクの常時装着のため、さらに閉じこもり、休業、休校などのために人間活動の活力が疲弊しています。うつにもなります。自殺も増えます。社会の活性が完全に失われた状態。不安と恐怖が支配しています。いつコロナに感染するかわからない、感染したらおしまいだ、恐怖のパンデミックの真っ最中に自分達は住んでいる、そう信じ切っています。

 

これらこそがすべて巨大なデマなのですが、政府もメディアも、詐欺コロナに反論する人たちをトンデモ扱いにし、さらにデマを塗り重ねていきます。コロナワクチン接種後の死亡者数は、厚生労働省の公式データで1233人となってますが、すべて「因果関係がない」との魔法の言葉で責任を逃れようとしています。接種後、その日の内に亡くなっても「因果関係がない」2時間以内に亡くなっても「因果関係がない」それまでとても健康な人が接種後突然意識を失って倒れても「因果関係がない」、心臓病など全く既往歴がない人が接種後、心筋炎などで緊急入院しても死亡しても「因果関係が無い」

 

これらはすべて、全く正当に診察されたものではありません。初めから「因果関係が無い」という言葉がセッティングされるだけです。そのため、補償されるべき4420万円は誰1人として受け取っていません。これだけでも巨大な詐欺です。また、無料でコロナワクチンを受けたとしても、すさまじい副作用副反応のおかげでとんでもない病状を引き起こし、何万円何十万円という医療費がかかっている人はすべて実費を払ってます。仕事どころか人生そのものを破壊されています。いつ亡くなってしまうか分からないほどの重篤な症状になっている人も大勢います。接種後に亡くなった人の数は1233人どころではありません、今年の2月17日にコロナワクチンが接種され始めてから、超過死亡が激増しています。新しいデータが中々出てこないのですが、今年の5月まででも、約4万人の超過死亡が出ています。今は10月、倍以上の超過死亡が想定されます。

 

なぜ怒らないのでしょうか? 主な原因はテレビです。朝から晩まで詐欺コロナの情報を流しています。政府に都合の悪い情報は流れません。政府と主流メディアはグルとなり、この詐欺コロナの企画者側の指示を忠実に守っています。既にアフリカではコロナ対策に反対して多くの大統領が暗殺されています。次の記事で明らかです。

 

死亡・暗殺・暗殺未遂事件の8人の大統領 - カウンセリング赤坂

 

こういった情報は日本では絶対に流れません。また、イギリス、フランス、イタリア、オランダ、ドイツ、ルーマニア、ブラジルなどで起きているすさまじい反コロナデモは日本では流れません。次の情報にあるような動画は日本では流れません。

 

【動画あり】日本のメディアが伝えない不都合な真実:世界に広がる反ワクチンの大規模デモ/フランス:200万人がデモ参加。パリだけで60万人が参加:パリではデモ者を、警棒で殴り/オランダ、イスラエル、トルコでも大規模でも | Total News World

 

これほど完璧なくらい世界の動勢、情報を隠蔽し、デマを国民市民に流し続けている政府、メディアを持つ国は珍しいのではないでしょうか? 日本は世界の中でも非常に珍しい存在だと感じています。ここまでマスク装着が浸透している国も実は世界でも殆どありません。マスクを着けなかったら既に人間じゃない、とでも言われかねない状況になっています。私は昨年の3月以来、マスクを着けずに生活しています。もうマスクを持ち歩くこともしていません。

 

本当はマスクを着けたくないのに着けている人も大勢います。その方達に特に言いたい。勇気を出して外してください。外してしまえばどれほどにせいせいするかが分かります。また、一日の内、2時間でも3時間でもマスクを装着し続けると、その害は蓄積されていきます。脳への障害は確実に残ります。子供たちの害は計り知れなく、取り戻すことができません。何故なら脳の発達過程における障害だからです。子供たちへのマスク常時装着の実質強制は虐待であり犯罪です。

 

できるだけ多くの人たちが勇気を出してマスクを外す、その行動を強く推奨します。子供たちの未来のために。