平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com 電話 07053475258(10〜17時)

国会議員 コロナワクチン接種回避

接種法改正の最も悪質な箇所の文言。以下。

 

=======================

「 4 第一項の規定による予防接種については、第二項の規定により適用する第八条又は第九条の規定は、新型コロナウイルス感染症のまん延の状況並びに当該感染症に係る予防接種の有効性及び安全性に関する情報その他の情報を踏まえ、政令で、当該規定ごとに対象者を指定して適用しないこととすることができる。」

=======================

 

日本の国会議員の連中は、新型コロナウィルスワクチン自体が毒物であることを充分知っている。知っていて国民に積極的に接種を奨め続けている。これは未必の故意による殺人というより、害意のある殺人と言えるのではないだろうか。ニュルンベルグ裁判では完全に有罪で死刑に該当するとされるのではないか?

 

この接種法改正がされた時期が、私が以前書いたブログにのっている。

2020年の12月9日に、接種法の一部がこっそり改正されている。メディアでは何の発表も無い。コロナワクチン接種開始は、何度でも言うが2021年の2月17日から。その二ヶ月ちょっと前に改正されている。」

 

このブログ記事は何度でも紹介する。自前の記事を紹介するのは面はゆいが、殆どこのような記事が無いから何度も紹介するのはご容赦のほどを。長い記事なので、全部読むのは大変だが、まだご覧になってない方はご覧になっていただきたい。以下。

 

大阪弁口語訳と、とらさん風口語訳を載せます(悪者たちの悪巧みの解説) - 平山栄一記録簿 想哲理越憂愁

 

こうした事実を確認し、今の日本政府がどのような意図と計画で今回の「コロナパンデミック」を企画実行しているかを見抜く必要がある。何故彼らが何度も自前の宴会を開いてるのか? コロナがウソであることを知っているからだ、ということも見抜く必要がある。何故、彼らや医師、厚生労働省、メディア関連のお偉方等など、及びその子弟がコロナワクチン回避をしているのか? その理由を見抜く必要がある。でなければ、延々と殺され続けることになる。

 

国会議員は誰一人、新型コロナウィルスワクチン接種の中止を提言することはしない。その理由はここにある。接種中止を提言するときは、予定の加害行為実行期間を終了するときだ。それまでは接種推奨を続けるだろう。