平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com 電話 07053475258(10〜17時)

発信整理

これまでこのブログでも散々書いてきたが、おそらく殆どの人に伝わってないと思う。伝えてきたことは以下のような内容。

 

*日本政府は全く政府として機能していない。コロナワクチンに関しては、毒性物質であることを知りながら国民に打たせている。国会議員も厚労省職員も殆どコロナワクチンを打ってない。

 

*日本政府だけではなく、世界の多くの政府が乗っ取られている。

 

*乗っ取られているのは政府だけではなく、メディアもすっかり乗っ取られている。

 

*日本は、コロナもウクライナも本当はどうでもいい、目的は緊急事態条項の導入。それさえできれば後は何とでもなると思ってる。何故なら彼らの欲しいのはカネと利権だけ。国民の市民の命と未来などどうでもいい。

 

*何故なら、彼ら自身、外部勢力に乗っ取られてるので、せめて自分らのカネと利権を確保したいだけだから。

 

*実は学校も教育も、子供たちを将来、兵隊にしたいがための完璧管理を目指しているだけ、いまだにマスクをさせているのはその管理を便利にしたいがためのツール。

 

*マスクはもう少しで外せるかもしれないが、まだ分からない。緊急事態条項まで繋げられたら繋ぎたいと思っている。その方が騙しやすいから。

 

*むろんマスクもPCRもコロナワクチンも全部詐欺。巨大な詐欺なのでかえって気づかれない。適当に弱らせるがための手段。奴隷として存続させる人数も日本の場合カウントされている。コロナ騒動画策グループは、管理のしやすい日本と中国を奴隷対象と考えているという情報もある。

 

*殆どの日本の国民はコロナのこと、ウクライナとロシアのこと、何にも調べてない。だから甘く観られている。テレビ教で完全に洗脳されている。

 

*憲法改悪について、全く内容を知らされてない。政府もメディアも絶対に自民党の憲法改悪案(一般には憲法改正案と言うらしい)の内容を絶対に言わない。基本的人権の条項を全部削除。拷問は絶対にこれを禁止する、という文言から「絶対に」という言葉が削除される。つまり、場合によって拷問するよ、ということに変わる。緊急事態条項が新設される。緊急事態条項こそ、彼らがノドから手が出るほどに欲しい物。勝手に緊急事態宣言を出せる。国会議員の改選しなくてよくなる。政令という内閣で決めた決め事で何でもできるようになる。だから、彼らはカネ取り放題、税金も取り放題、税金上げ放題。何でも出来る。つまり、このとんでもない政府もどきに独裁の力が与えられる。第二次大戦時の暗黒社会が再現される。警察国家となり、今、世界中で行われている、撲殺、銃殺、拷問などが(これホント、いくらでも動画、画像出ている、知らないのは知らされてない、調べないだけ)日本でも行われるようになる。小林多喜二が逮捕され、その日の内に拷問死されたことが、無数に再現されるようになる。緊急事態条項のこんな内容言える訳ないから、政府もメディアもみんな、口にでっかい絆創膏を貼っている。誰一人言わない。緊急事態条項が通るまで言わないだろう。それまで絶賛誘導中。緊急事態条項こそコロナ禍のような緊急時に必要だとか抜かしている。全部詐欺で実態ゼロ、ただの風邪とインフルエンザを利用してるだけ。時々、まともそうな医者も、いや新型コロナウィルスは存在するというバカなことを言うが、いくらでも薬で、つまり毒薬で治療と称して症状を作れる。それでひどいウィルスがあるんだなんてことにされてる。誰も目を覚まさない。毒薬は世界中に溢れてる。暗殺用の毒薬すらいくらでも存在する。常識だが殆ど誰も知らない。これまでいやというほど暗殺されている。人類はバカなので暗殺する方も暗殺される方も何をやってるのかワケワカメになってる。既に何百年も前から宇宙人に乗っ取られてる可能性すらある。これホントにありうる。あ、これはあんまり言ってなかったかな。

 

こうしたことを言い続けてきたが、おそらくそう言う私の発信など一ミリも信じられてない。私は頭のおかしな可哀想な人だと思われている。

 

コロナワクチンで多くの人が死んでいるが、それとて誰も知らない。公式データ、厚労省データで1667人、接種後亡くなっているが、その事実すら殆どの人が知らない。何故なら政府もメディアも殆ど全くアナウンスしないから。本当は1667人どころじゃなく、その10倍から100倍の人たちが亡くなっている可能性が高い。日本のデータなど改竄、捏造だらけ、これも知られてない。

 

ディープステートというのは本当に存在するが、簡単に陰謀論という言葉で多くの人が偉そうに否定する。ディープステート、カバール、イルミナティ、名前はどうでもいい、ごくごく一部の超富裕層が人類を支配したがっており、その過程において、人口削減の実行が目論まれ、ただ今、絶賛遂行中。それがいつまで経っても信じられない、分からない、陰謀論、ということでスルーされている。ただ、大分ディープステートの目標も陰りが見えてきており、そう全部が実現できるということでも無さそう。しばらく様子見は必要。ただ、状況は錯綜しており、かなりやられてしまう可能性はむろん残り続ける。色々と用心は必要だ。特に食糧危機の演出が企画されているからその進行状況によっては、マッハで食べ物が無くなる可能性がある。そのために備蓄をしておく必要がある。その必要性についての情報も殆どの人は持っていないだろう。悲惨な話だ。ただいくら備蓄しても3年4年となったら、備蓄以外の方策も必要となる。いろんな意味でたくましくなることが必要だな。

 

時々は、こうして現実をまとめて記録しておくのも便利なので、記録しておきたい。これは独り言のカテゴリーに入れるかな?

 

全然関係無いけど、芥川龍之介、久しぶりに読んでる。やっぱりスゴイね。メチャクチャ頭良かったんだ。でも精神病の遺伝の恐怖で、薬飲みすぎた。薬はやっぱり人間を殺す。もったいないことをした。誰か友だちが薬は本当に怖いということを彼に教えればよかったのに。ただ、彼も絶対転生してるだろう。かつて芥川龍之介であったエネルギー体の転生先の人間に会いたいものだ。これからは、人間とたくさん会っていこうと思っている。あれ、こんな言い方したら丸で私が宇宙人だと言ってるみたい・・・ひょっとしたらそうなのかな? あまりに一般人の感覚からかけ離れてるみたいだから、可能性はあるかも知れないね。隠れ宇宙人・・・だったとか。ま、それでもいいか。いやちょっと待てよ。思い出した。確か中学生の頃に、ワシ、友だちから宇宙人とかいうあだ名を付けられてたぞ・・・う~む。だんだんアホラシヤのカネが鳴りだしたぞ、ここらで締めておこう。