平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com 電話 07053475258(10〜17時)

PCR検査のウソが整理された記事

前に紹介した「消された記事」のPCR関連の部分だけを切り取りしてみる。とりあえず、PCR検査とされる詐欺について、熟知しておく方がよいので。これを見れば分かるように、PCR検査は検査ではない。人々に恐怖を与え、偽りの情報を垂れ流し、病気でも何でもない人を苦難に追い込む。「陽性」にされてしまった人は、隔離? たくさんの「無症状者」を隔離? ピンピンした人を隔離、そしてピンピンしたまま仕事、学業に復帰? これほどの茶番は無い。

 

PCR検査というのは詐欺。絶対に関わってはいけない。以下が記事。

 

=======================

2. そもそもPCR検査は信用できるのか?


コロナですっかりお馴染みとなったPCR検査ですが、
実は世界中で検査の問題点が指摘されていることはご存知ですか?


PCR検査の3つの問題点


ノーベル化学賞を受賞するキャリー・マリス博士(左)
PCR法は米国のキャリー・マリス博士によって発明され、
この功績を讃えて1993年にノーベル化学賞が授与されました。
PCR法はその発明者自身が「感染症検査の目的に使用してはいけない」
と警告していたと言われますが、キャリー博士はコロナ騒動直前の
2019年8月に自宅で死亡し、今世界中でPCR検査が使用されてしまっています。


実際にPCR検査には大きく3つの問題点があります。


【問題1】新型コロナウイルス以外も「陽性」に


PCR法とは、遺伝子配列を可視化するためにDNAの断片を数百万から数億倍に複製する技術です。
ウイルスそのものを検出するのではなく、
サンプル中に新型コロナウイルスの遺伝子配列が一部あるかを見て、
ウイルスの存在を間接的に判断するという方法です。
そのため、他の類似DNAや不活化ウイルス(死骸)も検出したり、
サイクル数(Ct値)の増減でも結果が変わります。
残念ながら特異的に新型コロナウイルスだけを判別するものではありません。
実際に米国CD社のPCR検査キットには、インフルエンザ、マイコプラズマ、
アデノウイルス、RSウイルス、クラミジア等に反応する可能性が記載されています。
またタンザニアでは、マグフリ大統領(化学博士号を持つ科学者)が
国立研究所の検体に自動車燃料などを密かに混ぜたところ、
パパイヤ、ヤギ、ウズラの卵でも陽性反応が出たことも報じられています。



【問題2】「陽性者」は「感染者」ではない
そもそも「感染」とは「微生物が生体内に侵入し、定着・増殖した寄生の状態」を言います。
粘膜等にウイルスが付着しているだけでは感染と言わず、例えばインフルエンザでは
数十万個以上ウイルスが増殖して初めて「感染」と診断されます。
口の中に菌がいるだけでは虫歯ではなく、
歯に穴が開き象牙質や神経まで菌が増殖して初めて虫歯(感染)となるのと似ています。
PCR法は遺伝子を数億〜数兆倍に増幅するため、実際には数個のウイルスが
付着しているだけの健康な人も「陽性」になります。
その「陽性」を「感染」という言葉で報道するため、実態のない感染爆発の印象が先行しています。
ウイルス付着を感染と言うのなら、全人類が感染者になりかねません。
実際に検査キットにも以下のような注意喚起事項が記載されています。


「PCR検査の陽性結果だけをもって新型コロナウイルス感染症と診断してはいけないし、
まして治療の根拠としてはいけない。」
SARS-CoV-2 Coronavirus Multiplex RT-qPCR Kit (CD019RT)
医学博士 崎谷博征『新型コロナウイルス感染爆発のカラクリ』



【問題3】遺伝子配列は立証されていない
また国内外の多くの科学者や医師からは、そもそも中国論文(Nature579.265)は
新型コロナウイルスの遺伝子配列を特定できておらず、
それを基準としたPCR検査では無関係の常在性ウイルスを検出している可能性も指摘されています。
その根拠は、中国論文はウイルスの存在証明に必須の「分離」をせず
混合物の状態で遺伝子配列を特定しているため、
新型コロナウイルス"単体"の遺伝子配列を立証して
いない点にあります。
感染症研究は短くても一年はかかるところ、
この論文は2019年12月20日に武漢中央病院に患者が入院した後、
2020年1月7日にNatureに提出されています。
論文分析は深い話になるので、生物免疫学名誉教授の大橋眞先生や
アンドリュー・カウフマン博士の動画をぜひご覧ください。

日本では6月、問題点を危惧した生物免疫学の先生が厚生労働省で記者会見を
されましたが、本日まで、政府が検討することもメディアが報じることもありません。
このような問題をどう考えますか?