平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com 電話 07053475258(10〜17時)

大人がまずマスク外すこと

日本のコロナ騒動で最も被害を受けているのは子供たち。コロナ騒動の3回目の夏、またもやマスクをほぼ全員着けさせられている。この件が最も問題だと指摘する声が少ないのに驚く。

 

指摘する側も知識が不十分。ある医師がマスクにはメリットもデメリットもあるとして、メリットとしては、新型コロナを含めて、感染症をある程度予防できる、とか言っている。この言葉を見て、ガックリくる。新型コロナウィルスが存在すると思っている。そして、「ある程度予防できる」とまで・・・

 

医師というのは自分の専門以外、何も分かってない。この人は精神科医だから精神科の分野はよく知ってるかもしれないが、マスクのことなんか少しも調べたことがないんじゃないか? マスク装着被害の内容は言うものの、マスクにメリットがある、感染症をある程度予防できる、などと言うようではだめだろう。

 

感染症の予防効果はマスクには無い。医師でもない私ですら、少し調べて分かった。知らないのだろう、ウィルスの大きさはマスクの編み目を簡単にすり抜けるほどに驚くほど小さい、ということを。全く意味が無い。実際ウィルスというものの存在すら、最近は怪しくなってきている。人類の科学なんてまだまだ過渡期に過ぎない。

 

新型コロナウィルスというのも無い。存在証明は世界中で一件も為されてない。新型コロナウィルスの画像だとして出されているものも、新型コロナウィルスの証明が無いのに、一体何を出してる? エクソソーム? 第一、その画像を観て新型コロナウィルスだって、何故分かる? 

 

ないない尽くしで今の新型コロナウィルス騒動は成り立っている。その状況も殆どの人が知らない。門外漢の私でさえ、少し調べて見てすぐに分かった。これは全部ウソで成り立ってると。マスクもPCRもワクチンも全部ウソ。すべて仕組まれて計画されたもの。人間を害するがためのもの。目論見通り、世界中でどんどん人間は死んでいってる。人類の人口を減らそうという目論見だ。何で死ぬか? 「ワクチン」という名の毒物で死んでる。

 

これまでいやと言うほど書いてきたが、もうこれは伝わらないレベルになってると感じている。だからもうこういう話は子供たちにとって、意味が無い。

 

子供たちは既にマスクは体の一部と感じている。マスクを着けなければ恥ずかしい、と。バレー教室での話には驚いた。バレー教室で毎日のようにそこの先生が子供たちに言う。マスクを着けてバレーの練習をするのはとても危ないですよ、マスクを外してくださいね、毎日言ってるけど・・・子供たちは外さない、誰も外さない。そしてその外さない理由は「外すと恥ずかしい」だ。

 

子供たちはマスクを外せなくなっている訳だ。これは本当に危険。マスクを長時間着けることで、酸欠、目眩、頭痛、失神などの非常に危険な症状が続発している。むろん脳にも大きな障がいが現れ、その障がいは大人になっても引き継がれていく。子供の時分に体験した脳機能障害は大人が体験するよりも被害が甚大、何故なら子供の脳は成長する過程にあり、未発達な脳に充分な酸素が廻らないということは大変な脳機能障害を発生させる、ということになる。

 

何度も何度も伝えてきたが、ドイツの神経学者マーガレット・グリーズブリュッソン氏は、子供にマスクを長時間着けさせることは、完全な虐待であり、犯罪だと警告し続けてきた。その警告は日本ではほぼ全くと言ってよいほど、主流メディアでは伝わらなかった。ネットでのみ、何度も伝えられたが結局大きなメッセージとはならなかった。

 

子供たちの脳が壊れるということは、この国自体の力が萎えてしまうということで、由々しき事態のはずなのだが、何故かこの国の政府はむしろ国力の劣化を目指しているようにしか見えない。不思議だ。

 

ともあれ、子供たちを助けるためには、大人が自らマスクのウソと危険性に気づき、一秒でも早くマスクを外すことが必要。でないと子供たちの命と未来が危うい。同時に、自分自身の健康と命も危ない。それが分からなければ、日本の未来が危うい。

 

どんどん、マスクによって思考力、判断力、洞察力が失われていっている。毒ワクチンによる人間のゾンビ化がよく取りざたされるが、既にマスクによって、老若男女のゾンビ化はとうに始まっている。その自覚は無いだろう。むごく静かにそのゾンビ化は進みつつある。

 

何も考えず、何も怖がらず、普通にマスクを外さないといけない。よく、他人の目が怖いとか、回りの全部がマスクしてるからとか、同調圧力のシモベにならないこと。そこで負けたら一生奴隷で過ごさないといけない。マスクは奴隷の象徴。何も進んで自ら奴隷になる必要はない。

 

何度でも言う。マスクに感染症対策の効果はゼロ。既に空気感染が普通に起きることがWHOでさえ言ってる。認めざるを得なかったからだ。だから世界中で殆どの国がもうマスクしてない。日本だけ。これは宗主国であるアメリカから指示を受けてる可能性も考えられる。マスク装着長期実験をしてその人体実験データを取るとか。原爆の時にも、731部隊の人体実験データも、アメリカはそのデータを収集していた。その並びなのかもしれない。

 

自分の体験もまた書いておきたい。仕方無くマスクを着け(仕事上、必須とされてた)、湿度の高い日であっという間に頻脈と目眩が生じ、失神しそうになった。この体験で、本当にマスクは危険なものだと分かった。以来、仕事中も基本的にマスクは着けず、仕事を辞めてからは一切着けなくなった。それから、体調は極めて良好。

 

一番悪いのは政府。無症状感染とかいうウソを平気で続けている。それに簡単に騙される方も良くない。私がなぜ2年3ヶ月以上ノーマスクでいるのに、誰からも感染するということが無いか、考えてくれたらよいと思うが、おそらく、いや、アナタは知らない内に感染し、それを人にうつしているかもしれないじゃないか、と平気で言うだろう。もう何を言ってもムダ。とにかく気づいた人は、自分の手でマスクをまず外すこと。それしかない。それしか子供たちを助ける方法が無い。