平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com

無題

ひまつぶしに今起きていること、それに対する印象など並べてみよう。

 

マスクは感染症予防に全く資する所がない、それどころか有害、今、子供たちにマスクをずっと着けさせている、これは虐待であり犯罪。音楽の授業、体育の授業などでマスクを着けられることがある、教師によって様々、必ずしも全部、音楽・体育の授業でマスク装着をさせない、ということはない。

 

既に、音楽の歌唱指導でマスク装着させたまま授業を行い、4人が失神したという情報がある。今日はまた、持久走をマスクを着けたまました児童がいて、授業の後死亡。教師は、「マスクは外してよい、ただ、感染症が心配な人は着けてもよい」と言ったとのこと。着けたまま走った児童が死亡。

 

結果的に子供たちを殺している。未必の故意による殺人と言うべきものではないか? いまだこうした者達が罰せられた話を聞かない。

 

三密を避けろ? ばかばかしくて話にならない。

 

PCR検査? 詐欺以外の何物でもない。それすら何も知らない者は何も調べてないということを白状している。

 

新型コロナウィルスワクチン? 毒物以外の何物でもない。誰か1人でも内容物について説明を受けた者はいるか? 寡聞にして私は1人も知らない。内容物の分からない物を身体に入れる、そんな度胸のある人が世界中に何億人もいるのかもしれない・・・ビルゲイツの子供については「美しい子供たちにはワクチンは必要ない」とのことでワクチンを打たないと・・・人間ってバカな動物なんだなとつくづく思う。

 

緊急事態宣言? 茶番もいい所。新型コロナウィルスとされるものの存在証明が世界中でゼロ。それすら日本では殆どの者が知らない。日本中の御用医師、御用学者は、そんなこと歯牙にも掛けない。平気でウソを並べる。不審に思うなら自分で調べることだ。CDCがどんな発表をしているか調べることだ。CDC?  何だそれ? というのが殆どの者の反応だろう。

 

人間って茶番の中で平気で人生を紡げる。むしろ茶番に参加する、ということで同調圧力通奏低音を一緒に奏でることができる。メデタシメデタシ、という所なのだろう。

 

これだけ狂気が普通になってくると、正常な者がオカシナ者になるという逆転現象が起きる。しかし、それは社会の、それも腐れ社会の中において、完全に99.999パーセントが認知することなのでオカシナ者認定というお墨付きが誕生することとなる。

 

実際コロナで死んでる? 詐欺PCRで陽性はコロナ患者にされてる、そんなことも知らない。コロナ患者にされた以上、基礎疾患、肺癌、肝臓癌、前立腺癌、乳がん、腎臓癌、糖尿病、肺炎、髄膜炎、何でもあり、さらに老衰死、自殺、事故死、風邪で死んだ、肺炎で死んだ、などなど全部コロナで死んだ、ということにされてる。コロナで死んだことにすると、お国様から大金が入る。そんなマジックも殆どの者が知らない。

 

全部詐欺だと万能社会となる訳だ。コロナ大王は世の中あまねく支配している。その支配から免れるには覚醒しかないが、残念ながら、覚醒のためには自分の脳みそを使い、色々と自分で調べ考えるという、とてつもなく難儀な作業が必要。従って、その難儀が避けられる昨今故、皆、レミングの暴走の如く、ワクチン様に平伏す。

 

もう手遅れかもしれない。そういう諦観も元にこれからの人生の紡ぎ方を考える必要がある。

 

むろん闘い続ける。当たり前だ。種の保存本能としてでも構わない。子供たちを助ける工夫をこれからも考えていき、実行しよう。いや同時に笑って過ごそう。何か楽しいことも作らないと、コロナコロナではあまりにも面白くない。アホコロナで転んでばかりいたら、こっちまでアホになってしまう。クワバラクワバラ