平山栄一記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com 電話 07053475258(10〜17時)

マスクは癌化促進、他様々な要素で極めて有害という情報

これは日記カテゴリーだけでなく、こちらにも記録として残しておきます。

=======================

マスクは癌化促進、他様々な要素で極めて有害という情報

 

ドイツのトップ科学者が、ある種のフェイスマスクを長時間着用すると、潜在的に有害な化学物質や有害なマイクロプラスチックを人間の肺の奥深くまで吸い込んでしまう可能性があることを発見しました。

 

ハンブルグ環境研究所の所長であり、世界的に有名な環境基準「ゆりかごからゆりかごまで」の共同創設者であるMichael Braungart教授は、Ecotextile Newsに対し、繊維製および不織布製のサージカルマスクを長時間着用することで、マスク着用者は知らず知らずのうちに発がん性物質やアレルゲン、微小な合成マイクロファイバーを吸い込んでしまう危険性があると述べています。

 

同氏の最近の調査結果は、業界をリードする繊維化学者のディーター・セドラック博士(Modern Testing Services Augsburg(ドイツ)のマネージングディレクター兼共同設立者、Modern Testing Services Global(香港)とのパートナーシップによる)によっても裏付けられています。彼は、有害なフルオロカーボン、ホルムアルデヒド、その他の発がん性物質の濃度がサージカル・フェイス・マスクで上昇していることを発見しました。"ブラウンガルト教授と同様の懸念を持っていることは100%言える」と述べています。

 

40年以上のキャリアを持つセドラック博士は、大手グローバル・スペシャルティ・ケミカルズのサプライヤーでグローバル・プロダクト・セーフティ・ディレクターを務めたこともあり、テキスタイル・ケミカルズの分野で最も尊敬されている人物の一人であり、今日、大手グローバル・アパレルやフットウェア・ブランドで使用されている様々な最先端のEHSケミカル・マネジメント・システムやRSLコンセプトの開発に貢献しました。

 

ユーロフィンズ 20214

この2人の専門家による初期の分析テストにより、人々がある種のマスクを何時間も着用すべきかどうか、その常識が疑われることになりました。特に、小学生や工場労働者、長距離フライトをする人は、コロナウイルスにさらされる短期的なリスクよりも、制限された化学物質やマイクロプラスチックにさらされることによる肺への長期的なダメージのリスクが大きいのではないでしょうか。

 

"Braungart教授は、使用済みのサージカルマスクの予備テストを行ったところ、発がん性物質として知られるアニリンや、ホルムアルデヒド、蛍光増白剤などの化学物質が検出されたという。これらの化学物質は、ヨーロッパやアメリカの当局によって、消費者向け商品に100万分の1の濃度まで厳しく制限されている。

 

また、Sedlak博士による別の研究では、フェイスマスクに含まれるパーフルオロカーボンPFC)の架橋剤として使用されている2-ブタノンオキシム(発がん性)やブロック状のジイソシアネートなどの化合物の存在が確認されている。繊維製品の撥水撥油剤として使用されているPFCの副生成物は、生体内に残留することが知られており、欧米の当局はその使用を厳しく制限しています。昨年、米国の科学者グループは、すべての過フッ化およびポリフッ化物質(PFAS)を1つの化学物質のクラスとして扱うことを要求し、その有害な毒物学的および環境毒性学的プロファイルのために、必要性のない用途には使用しないようにすべきだと述べた。

 

"正直なところ、サージカルマスクからPFCが検出されるとは思っていませんでしたが、私たちの研究室ではこれらの化学物質を簡単に検出できる特別なルーチンメソッドを持っており、すぐに特定することができます。これは大きな問題です」とSedlak博士は説明します。

 

"しかし、顔や鼻、粘膜、目にPFCが付着するのはよくありません」。PFCに加えて、PFCの架橋剤以外にもホルムアルデヒドアセトアルデヒドなどの化合物が検出され、GCMSのクロマトグラムでは "他の汚染物質のピークが100個以上 "検出されたそうです。

 

マイクロファイバーの懸念

 

Braungart氏は、Sedlak氏と同様に、サージカルマスクは、臨床医が着用したり、短期間着用した後に廃棄されるなど、非常に特殊な目的のために設計されていると指摘します。ポケットに入れておくと、摩擦や湿気で繊維が擦り切れ、細菌が繁殖しやすくなります」。

 

その結果、一部のマスクからは、ドイツ社会傷害保険(DGUV)で有害な「ほこり」に分類されるマイクロファイバーが排出されたという。このダスト基準を満たす形状の繊維は、世界保健機関WHO)によるアスベストに関する初期の研究にちなみ、「WHO繊維」とも呼ばれています。

 

不織布よりも繊維の方がいい?

 

今回のパンデミックでは、ほとんどの人がマスクやフェイスカバーを着用していますが、これらの素材は通常の衣類に使用されている伝統的な繊維でできています。

 

ありがたいことに、衣類に含まれる有害化学物質のリスクはこれまでよりも低くなっていますが、リスクがゼロではありません。"カラーコネクション社のフィル・パターソン氏は、繊維化学の専門家であり、高い評価を得ているZDHC財団の化学物質管理にも携わっています。

 

"私の意見では、COVIDのリスクが極小であることが断定的に証明されている子供たちにとって、繊維製のマスクはこの最も基本的なハザードテストをパスすることはできません」と彼は言います。

 

訴訟リスクの可能性?

 

政府や企業など、フェイスマスクの継続的・長期的な着用を義務付ける側にとっての予期せぬ問題は、フェイスマスクが人の健康に長期的な悪影響を及ぼすことが証明された場合、将来的に訴訟に発展する可能性があることだ。特に長期的な研究はまだ行われていない。

 

世界最大級の衣料品小売店やブランドに化学物質管理に関するアドバイスを行ってきたパターソンは、これが問題になる可能性があると考えています。

 

"化学物質や繊維の中には長期的な影響を及ぼすものもあり、将来的に個人的な損害賠償請求の門戸を開くことになるかもしれないからです」。

 

ビッグブランド

 

アマゾン、ナイキ、リーバイ・ストラウスなど30以上の有名消費者ブランドを代表して、繊維製品への有害物質の使用を削減するための活動を行っているAFIRMグループのディレクター、ネイト・スポンスラーは、フェイスマスクについてはまだ初期の段階だと言います。"フェイスマスクに特化した正式なデータ集計や研究はまだ行われていないので、この問題が注目されていることを嬉しく思います」と述べています。

 

織物製のフェイスマスクは、手術用のフェイスマスクとは異なる問題で、医療分野での使用を想定して設計されていることから、フッ素をベースとした潜在的な有害物質がマスクに使用されていても「驚きはありません」と述べています。

 

また、子供用のフェイスマスクについては、「AFIRMのベストプラクティスはオーガニックコットンを使用することであり、大人用ではより多くの素材や化学物質が使用されているため(例えばプリントなど)、より詳細な検討が必要である」と述べています。

 

マスクは、コロナウイルスへの世界的な対応に不可欠なものであり、特にパンデミックの真っ只中には必要な介入でした。しかし、この世界的な健康危機から抜け出すために、主要な科学者たちは、長期的なマスク着用による潜在的に危険な化学物質への曝露の実際のリスクは、Sars-CoV-2ウイルスに接触するリスクよりも高いのではないかと疑問を呈しています-特に、重度のCOVID-19を発症することに関しては低リスクの部類に入る小児や若年成人にとっては。

 

この記事は、20214月発行のEcotextile Newsに掲載された記事の要約です。購読をご希望の方はこちらをクリックしてください。

 

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。