平山榮逸記録簿  想哲理越憂愁     

人生の様々な側面を表示します メール keitaisan@icloud.com ツイッター フェイスブックは使いません

Natural News というネットで見つけたメディアの記事

一般メディアと違って、コロナの真相をリサーチしている所だと思います。その中で見つけた記事。DeepL翻訳で中途までですが、記録に残しておきます。少し長い記事ですが、新型コロナウィルスワクチンとされるものに対するイメージが掴めます。権威者は実はさらなる権威者に弱い、という現実も暴露されてます。医師は一般の人にとって権威者ですが、彼らも自分達の上の権威者には盲従する傾向があります。

 

=======================

 

ナチュラルニュース) 多くの人は気づいていないようだが、現在コビド19ワクチンで利益を得ているほぼすべてのワクチンメーカーは、犯罪的な詐欺、賄賂、キックバック、科学の捏造の長い歴史を持っている。この事実は、長年にわたって企業のニュースメディアでも報道されてきました。例えば、ABCニュースは2010年に、アストラゼネカ社が "抗精神病薬セロクエルを、食品医薬品局が承認していない用途で子供や高齢者に違法に販売していた "と報じました。

 

アストラゼネカ社は、そのワクチンが血栓で人々を死に至らしめていることから、セロクエルを適応外使用(FDAが承認していない使用方法)で処方した医師に報酬を与えるために、大規模な賄賂やリベートのスキームに関与していたことが明らかになりました。ABCニュースは2010年にこう説明しています。

 

政府は、アストラゼネカ社が意図的に医師にリベートを支払うことで、攻撃性、アルツハイマー病、怒りのコントロール、不安、注意欠陥多動性障害認知症うつ病気分障害心的外傷後ストレス障害不眠症など、テストされていないさまざまな病気を対象に薬を販売したと主張しています。ペンシルバニア州東部地区の連邦検事代理によると、高齢者、子供、退役軍人、受刑者に投与され、彼らは「モルモット」として扱われていたとのことです。

 

いつものように、アストラゼネカは「ビジネスを行うためのコスト」として5億2千万ドルの罰金を支払い、非倫理的な行為と危険な医薬品の運用を続け、2021年には試験結果のデータをごまかして致命的なワクチンを発表し、すでに少なくとも25カ国で販売停止となっています。

 

これは、人よりも利益を優先してきた製薬・ワクチン業界の常套手段です。

 

ワクチンを摂取している人々は、関連するすべての事実について衝撃的なほど無知である。

コビドのワクチンを接種する人のほとんどは、驚くほどの無知から接種しています。

 

大手製薬会社による犯罪行為の歴史を全く知らず、ワクチンメーカーが「安全性」に関心を持っていると愚かにも思っています。

彼らは、広範囲にわたる安全性の研究や長期試験を経て、FDAがこれらのワクチンを「承認」したと勘違いしています。しかし、それは事実ではありません。実際には、長期的な安全性試験を行っていない実験的な介入として、FDAはワクチンを「緊急承認」したのです。

彼らは、これらのワクチンに使用されているmRNAプラットフォームが、体内の細胞をハイジャックし、人間以外のタンパク質を生産するようにプログラムするための、未検証の新しい実験的プラットフォームであることを知らないのです。このような人体のバイオハッキングがもたらす長期的な影響については全く知られていません。

抗体依存性増強(ADE)の中期的なリスクについても全く知られていません。これは、野生で病原体にさらされた場合、致命的な炎症性亢進反応を引き起こす可能性があります。

文字通り、今、コビドのワクチンを接種している人は皆、驚くほどの危険な無知の中で接種しているのです。実際のところ、彼らのほとんどはワクチンについて知りたいとは思っていません。そして、世界的な人口減少の目標を達成するために実際にワクチンを使用している「権威」のある情報源を盲信したいと思っているのです。

 

興味深いことに、非常に知的な人であっても、権威を盲信することに関しては、信じられないほど騙されやすい人が多いのです。主流の医師や薬剤師は最悪で、CDCやビッグファーマの言うことを何でも盲目的に信じてしまいます。今後24ヶ月ほどの間に、何万人もの医師や薬剤師がコビドワクチンの炎症反応で死亡したらどうなるのだろうか...おそらく、すでに崩壊している西洋医学のシステムにさらに負担をかけることになるだろう。

 

死にゆく医師たちは、自分たちに何と言い聞かせるのだろうか。おそらく、ワクチンを受けていない人々が自分の拷問的な死を招いたと主張するだろう。なぜなら、医者が誤った権威を信じてミスを犯すことはあり得ないからだ。そうではないだろうか?

 

大企業の元副社長がワクチンは世界的な過疎化計画の一部かもしれないと警告

大企業の最高レベルの人々でさえ、ここでの真のアジェンダについて人類に警告を発している。ライフサイトニュースが報じているように、ファイザーの元副社長は現在、ビッグ・ファーマの悪事と、人類を絶滅させる可能性のあるその非常識で犯罪的なアジェンダに対して人類に警告している。その記事から。強調しています。

 

ファイザー社の元副社長兼最高科学責任者であるマイケル・イェードン博士は、先週末、アメリカの最前線の医師たち(AFLDS)に対し、実験的なCOVID-19ワクチンをできるだけ多くの人々に接種しようとする動きは、「狂気」であり、「悪」を伴い、「人類に対する犯罪」を含み、「大規模な過疎化」を意図している可能性があると警告しました。

 

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。